大人は楽しい

カテゴリ:その他( 69 )




小話週間②

イエス=キリストはガリラヤ湖の上を歩いて渡るという奇跡を起こしたそうだ。
そのガリラヤ湖は、今では船で遊覧できる観光名所として知られている。
ガリラヤ湖を訪れた旅行者は遊覧船の船頭に尋ねた。
「船賃はいくらだい?」
「50シリングですよ」
「50シリング!? そんなに高いのか」
「そりゃそうですよ。なにしろここは、イエス様が歩いて渡った湖ですからね」
その言葉を聞いて、旅行者は合点がいった。
「なるほど。船賃がそんなに高かったら、イエス様も歩いて渡るわけだ」



患者は医師に打ち明けた。
「最近、右足の調子が悪いんです」
医師は診察をしてから言った。
「これはトシのせいですよ」
「しかし先生」
患者はまだ納得しない様子で言った。
「左足も同じトシなんですよ」



息子は父親に尋ねた。
「パパ、裏切り者ってどういう人のこと?」
「そうだな。こっちの党からあっちの党に移った人のことさ」
「へえ。じゃあ、あっちの党からこっちの党に移ってきた人も裏切り者?」
「それは改心者っていうのさ」



ある研究者がノミの足を1本ちぎり、「跳べ!」と言った。
ノミはジャンプした。
彼はノミの足をもう1本ちぎり、「跳べ!」と言った。
やはりノミはジャンプした。
彼はノミの足をすべてちぎって言った。
「跳べ!」
しかしノミはもう跳ぶことができなかった。
それを見た研究者はレポートにこう書き込んだ。
「ノミは足をすべてちぎると耳が聞こえなくなるらしい」



某国の大統領官邸の前で「大統領はバカだ!」と叫んだ男が逮捕され、懲役10年を求刑された。
そのうち5年は侮辱罪、あとの5年は国家機密漏洩罪だった。



中年女性のことを「豚」と言った男が女性に訴えられた。
裁判長「被告の発言は不適切。貴婦人のことを豚と呼んではいけない」
男は裁判長に尋ねた。
「では裁判長。豚のことを貴婦人と呼ぶのはかまいませんか」
「それはいっこうにかまわない」
男、女性のほうに向き直って挨拶。
「お美しいですね、貴婦人様」



各国の乗客を乗せた船は今にも沈みそうだった。
船長はイギリス人に向かって言った。
「紳士たるもの、女性と子どもを救うために海に飛び込むべきです」
イギリス人は海に飛び込んだ。

船長はドイツ人に言った。
「これは規則です。飛び込みなさい」
ドイツ人はためらいなく飛び込んだ。

船長はアメリカ人に言った。
「ここで飛び込んだらあなたはヒーローです」
アメリカ人はポーズをとりながら飛び込んだ。

船長はイタリア人に言った。
「さっき美女がおぼれてましたよ」
イタリア人は大喜びして海に飛び込んだ。

船長はロシア人に言った。
「ああ、ウォッカの樽が流れてしまった」
赤い顔をしたロシア人は海に飛び込んだ。

船長はフランス人に言った。
「飛び込んではいけません」
フランス人は平気な顔をして飛び込んだ。

船長は中国人に言った。
「今飛び込んだフランス人のポケットに宝石が入っていました」
中国人は急いでその後を追った。

船長は日本人に言った。
「もうみんな飛び込みましたよ」
日本人はあわてて海に飛び込んだ。






有名な小話が多いので、知ってる人もいるかも。
つづく、かも。
[PR]



by uso8000000 | 2005-08-16 16:43 | その他

小話週間

小話でもしましょうか。
ジョークってやつです。



メイがエリーに自慢げに言った。
「私のフィアンセったら、今度世界一美しい女性と結婚するんだって、
 みんなに言いふらしてるみたいなの」
エリーは言った。
「その人、ひどい男ね。
 あなたと婚約しておきながら、別の女性と結婚するつもりなんて」



医者は患者を元気付けようとして言った。
「大丈夫ですよ。私も昔はこの病気にかかっていたんですが、すっかり治りましたからね」
患者はうなだれたまま言った。
「でも、先生は別の医者にかかっていたんでしょう」



十万ドルの窃盗罪で訴えられていた男が、裁判で敗れた。
友人は尋ねた。「どうして弁護士を雇わなかったんだい」
「頼むことは頼んださ。でも、僕が本当に十万ドルを盗んでいないとわかると、
 誰も引き受けてくれないんだ」



田舎者が、国会議事堂の前に車を止めて、近くを歩いていた男に言った。
「すまんが、ちょっとの間、この車を見張っといてくれ」
「なんだと。私を誰だと思っているんだ。国会議員だぞ。
 その私にそんな仕事を頼むなんて」
「そうだったのか。それは知らなかった。
 まあいいや、それでも俺はあんたを信用することにするよ」



屈強な男が、濡れた雑巾をめいっぱい絞った後に、群集に向かって言った。
「この雑巾から、さらに一滴でも水を絞り出せた奴に百ドルやろう」
数々の力自慢たちが挑戦したが、誰も水を絞り出すことはできなかった。
一人の貧相な小男が名乗りを上げた。人々はみんな、無理に決まっていると思ったが、その小男はなんと雑巾から水を絞り出すことに成功した。
人々は驚いて、小男に尋ねた。
「あなたの職業は何なんですか」
「税務署員です」



奴隷解放前のアメリカの話。
州の教育費予算はすべて白人の学校建設と白人のための図書館の建設に充てられて、黒人のためには一ドルも使われなかった。
黒人議員は言った。
「なるほど。たしかに、今教育すべきなのは、まずは白人ですからな」



道に大きな水たまりができたので、人々はその上に長い板を渡して橋代わりにして歩いていた。その板の幅は狭く、一人が通るのがやっとだった。
その板の両側から、普段から仲の悪い二人がやってきて真ん中で鉢合わせた。
一人は道を譲ろうとせずに言った。
「わたしは悪党には道を譲らん主義でな」
もう一人は、「おや、逆ですな。わたしはいつも悪党には道を譲っとります」と言って水たまりへと跳びおりた。



医者は言った。
「原因がどこにあるのか、よくわからない。たぶん酒の飲みすぎじゃないかと思うんだが」
患者は答えた。
「そうですか。じゃあ、今度先生がしらふのときにまた出直してくることにしますよ」





説明はしません。意味がわからないものがあったらコメント欄で聞いてください。
小話は好きなので、第2弾やるかも。
[PR]



by uso8000000 | 2005-08-11 21:17 | その他

別れましょうあなたから 消えましょう私から

 衆院解散について、テレビニュースでは街行く人の考えを聞いていた。
その中で、おばちゃんのコメント。
「自分の考えが通らないからって解散するなんて、小泉さんはあまりにも身勝手だ」


何を言っとるんだ。
衆議院解散→総選挙のどこが身勝手なもんか。憲法に基づいて国民の信を問う行為に出るのが身勝手なことか。

解散・総選挙はむしろ、非常に民主的なことだ。
「国会では意見が割れたから、どちらが正しいか、どちらを支持するかを国民に決めてもらいましょう」ってのが総選挙ですよ。
郵政民営化、雇用問題、年金問題、その他諸々の政策を国民に委ねることのどこが身勝手なんだ。

郵政民営化の是非は置いといて、解散は勝手なことではないと思う。

政治は政治家のためではなく、国民のためにすべきものであるから。





(うんこを流すためにこんな記事を書いてます)
[PR]



by uso8000000 | 2005-08-09 20:55 | その他

メロペット

 ブームに乗って僕もこのブログの片隅で育てておりますメロペット

 このペット、ときどきしゃべってくれるんですよ。
 それが楽しい。もう姿形などなくてもよい。その愛おしい声さえ聞かせてくれれば。


 昨日は「一日一年」という格言めいたことをつぶやいておりました。

 と思ったら今日は、「全員食べたいなあ」という恐ろしい発言を耳にしてしまいました。


 きっとどこのメロペットも同じようなおもしろ発言をしてるんだろうけど、親バカなもので自分のペットだけがおもしろいことを言っているように思う。

 楽しいんで、ぜひ育ててみましょう。そして全員食べられてしまえ。
[PR]



by uso8000000 | 2005-07-28 21:28 | その他

終わらない夏はないかな

 さっき「ビフォーアフター」っていうリフォームの番組見てたんですよ。

 リフォームとは名ばかりの、住人の思い出の詰まった家をぶっこわして一から家を作り直す番組。つっこみ所満載でおもしろいので、最近の僕の中でホットな番組です。
 

 この番組の特徴の一つは、個性的なナレーション。
 サザエさん役の声優でもある加藤みどりさんの
「なんということでしょうか。これまであんなに家族を苦しめた階段が……」
というナレーションを楽しみにしている視聴者も多いことでしょう。


 今日リフォームをしたのは木内さんという匠(つまりリフォーム師)。
 彼を紹介するVTRの中で、
「俳句に季語を織り込むように、家に春夏秋冬の季節感を吹き込みます」
みたいなナレーションが入ってたんですよ。


 うん。いいねえ。
「俳句に季語を織り込むように季節感を吹き込む」
 実にいい比喩じゃないですか。ナイス直喩っ!

 サザエさんもたまにはいいこと言うじゃないか。見直した。
[PR]



by uso8000000 | 2005-07-24 20:15 | その他

新聞読みながらブツクサ

 新聞の投書欄が好きなのでよく読む。

 昨日の読売新聞に載っていた投書。

『「ら抜き言葉」に違和感を覚える』

 先日、テレビを見ていると、ある芸能人が「食べれますね」と言っていた。最近よく聞く、「ら抜き言葉」だ。文法的に間違っていると思うが、最近、将来的には認められるだろうという意見を耳にした。(中略)
 私はこの意見には反対だ。いくら使われているからと言っても、強い抵抗を感じるからだ。(中略)第一、不自然ではないか。食べれる、見れる、来れる……。口にして、耳にして、違和感を覚える。(中略)
 日本語から欠落していく「ら」の1文字。その1文字に名残惜しさを感じるのは私だけだろうか。
 昔からの言葉遣いをもっと大切にしてもいいのではないだろうか。



 これ自体、特に目新しい意見ではない。散々議論され尽くした話題であるし、何を今さらという気もする。
 「言葉は移り変わるもの」という考えを持っている僕からすると「古くさい考えだな」と思う。
 
 しかし驚いたのは、投書人が14歳の中学生だったこと。
 「最近よく聞く」だってさ。ほほえましく思えるね。

 想像するに、投書人はこんな年寄りめいたことを書いて「自分は他の中学生より大人なんだ」と言いたいんじゃなかろうか。僕もそんな中学生だった。

 でもまだまだ甘いぜ。僕に言わせると、ちゃんちゃらおかしい。

 「ら抜き言葉」に反対する根拠が「強い抵抗を感じる」「違和感を覚える」だけでは話にならん。
 おまえ一人が抵抗を感じたら、みんながおまえに合わせて言葉遣いを変えなあかんのかい!
 客観的な論拠を挙げなくちゃ誰も聞いてくれないよ。

 「昔からの言葉遣いをもっと大切に」だってさ。じゃあ平安時代の言葉でも使ってやがれ。
 国語審議会の提唱する日本語は一つの目安。言葉に正解も間違いもないんだよ。

 ってのが僕の意見。ちょいと語気を荒げてしまった。いかんいかん。




 もう一つ。
 今度は今日の読売新聞より。68歳の方のご意見。


 『国際的普及率を考えれば納得し』(7月22日)

 「五輪の野球、ソフトの除外」に賛同する。(中略)
 評論家からは、除外の判断基準を採算至上主義、ビジネスライクなどと非難する。しかし、野球はあまりにも金がかかりすぎる。硬式野球となると、用地も用具も大変だ。また米国、日本、韓国、台湾など一部の国や地域で楽しまれているにすぎない。
 その点、例えば柔道は、私がドイツを旅した際、日本人がめったに訪れることのないような田舎町で「柔道着あります」の張り紙に出くわし、驚きとともに、これが本当の国際スポーツだと感動した。



 なんじゃそりゃ。
 なんでドイツの田舎町で用具を売ってたら国際スポーツになるんだよ。
 ドイツの田舎町に「グローブとバットあります」という張り紙があったら野球は国際スポーツになるのかよ。

 野球が国際的にマイナーなスポーツであることはたしか。オリンピックから野球をはずすことの是非はここでは問わない。

 この人、「ドイツの田舎で柔道着の広告を見た」というおのれの体験を語りたかっただけじゃないのかな。
 本気で野球は五輪種目に適していないと言いたいのなら、論理的思考力が未熟。出直しておいで。


 あと細かいことを言えば、

・金のかかる五輪競技などいくらでもある。

・「用地も用具も大変だ」「例えば柔道は………感動した」など、日本語の意味がわかりにくい。 先ほどの中学生の文章のほうがよほどしっかりしてる。
 まあこれは新聞編集者の責任でもあるけど。




 今回は愚痴っぽくなっちゃったな。
 まあそんなこんなもひっくるめて大人は楽しい!(強引なまとめ)
[PR]



by uso8000000 | 2005-07-22 17:18 | その他

執事とわたし


 友達と話していたときに執事の話題になって
「執事か…。セバスチャンやな」
「せやな。……ところで、なんで執事ってセバスチャンなん?」
「そういやそうやな。なんかのアニメの登場人物か?」

 ってことですぐに調べてみました。

 有力なのは、ハイジ説。
「アルプスの少女ハイジ」に出てくる執事の名がセバスチャンなんだそうです。

 他にもいくつかセバスチャンという名の執事が出てくるアニメがあるそうですが、
それもハイジの影響かもしれません。

 「セバスチャン=執事」という方程式(単なる等式だな)は、大喜利にも使えますね。

「ああ、この人金持ちだなと思うのはどんなとき?」なんていうお題に対して、
「いつもセバスチャンをつれている」とボケるとか。


 大喜利やるようになってから、こんなふうにいつも大喜利アンテナ張ってます。
「いつかこのフレーズ使えるな」と思って頭の片隅にしまっておくのです。
 でもお題にあってないときにむりやり使ってはいけません。
 ときどき「このボケはフレーズありきのボケだな」と思うものがあります。
 やっぱり採点するほうにはわかってしまうんですよね。

 そうとは気づかれないようにうまく使う、これが難しいんですよね。
 いや~、大喜利は奥が深くて難しくておもしろい。
[PR]



by uso8000000 | 2005-07-20 23:28 | その他

芸歴一覧

多くの方にアンケートに答えていただいたので、
芸歴一覧表を作ってみました。
随時更新していくつもちです。


 【ネット大喜利デビュー時期】

2002年
 9月 天誅
10月 新人QP

2003年
8月 うさうさ脳

2004年
3月 ミニ・ゴールドバーグ
5月 うたいと
    紀伊国屋
    佐藤P作
8月 満月
9月 真心
    まうすけ

2005年
2月 真夏
3月 はやしだ
    IBARAKID
    44口径
    タニシ
4月 ヘッドコーチ
    ボールは友達
5月 ベラート
    のじ
6月 背番号02


本人の申告に基づいて制作しました。
僕は9ヶ月と書きましたが、考え直してみたら10ヶ月ぐらいでした。
44口径さんは「3~4月」と書いてらしたので3月、
真夏さんは「本格的に始めてから5ヶ月」と書いていらしたので2月にしました。
訂正があったらうかがいます。


改めて見ると、芸歴1年に満たない人がほとんどですね。
まあ僕のサイトが若いので(開設は今年1月)、
来ている人も若めなのかもしれませんけど。
それを差し引いても、1年続けてたらベテランだといえるでしょう。


幕の内カップ2003のログを見たところ、出場者は知らない人ばかりでした。
名前は知っているという人はちょこちょこいましたが、からんだことあるのは新人QPさんだけ。
まあ今とはHNがちがう人もいるかもしれませんが。
やっぱり2年たつと入れ替わりも激しいんですねえ。



この記事は更新を続けていきたいと思っているので、引き続き芸歴情報待っております。
上に名前のない方、ネット大喜利デビュー時期を教えてください。
[PR]



by uso8000000 | 2005-07-16 19:04 | その他

芸歴を比べてみよう

 下のほうのコメントにも書いたんですが、みなさんのネット大喜利歴はどれほどのものなんでしょうか。

 芸人の世界では、年齢は関係なく芸歴で先輩・後輩が決まるそうです。
 ネット大喜利界も実力の世界ですから、年齢など関係ありません。顔をあわせるわけではないので、特にその傾向は強いですね。
 
 もちろん芸歴が長い人がおもしろいかというと、必ずしもそんなことはありません。
 でも、一日の長のある先輩を敬うことはとっても大事。
 後輩に対していろいろアドバイスをすることもとっても大事。

 みんなの芸歴がどんなものか知りたくなりました。

 そこでちょいとしたアンケート。

1.ネット大喜利歴はどれくらい?

2.ネット大喜利を始めたきっかけは?


 僕の場合は、
1.9ヶ月ぐらい
2.「ダイナマイト関西」のDVDを見て、自分も大喜利をしたくなったから
[PR]



by uso8000000 | 2005-07-14 22:03 | その他

移転しました。新しいブログはこちら http://dogdogfactory.blogspot.jp/
by uso8000000
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログリンク

USO-800大喜利
トップページです。

大喜利カレンダー
べとんさん運営の、大喜利やる人には欠かせないカレンダー

まるで銃弾浴びてるかのよう
短歌

三人一句
昔やってた遊び



ジャックハマー
ミニゴバさんの文士ブログ
眼球の裏窓
眼球支点さんの対話式ブログ
大友・ごむの「なりきりアンドロイド」
大友ヒップホップさんの激辛ブログ
まち子よ
フードさんのドギツイブログ
ひぐまの左手
ニッポニアさん・なゆらさんのひょっとこキャンバス
菜果牛乳3
To菜果さんの爆弾ブログ
なんとなく
あいつさんのハレンチブログ
あんにゅい三昧
あんにゅい竹さんの皆勤ブログ
土砂降りの脂の中で僕ら
えこなさんの痛快ブログ
忍者ムラサキのおしゃべりデート
忍者ムラサキさんのおしゃべりブログ
暴投戦士(笑)
暴投戦士(株)さんのしっかり者ブログ
さんえいち(戒)
雨乞い番長さんの番長ブログ
リッスン・トゥー・ハー
なゆらさんの名文ブログ
いわし13号
いわしさんの大衆魚日記
今夜は金玉について語ろうか
たかさんの変態ブログ
☆一瞬の輝き
kanon560さんの追想ブログ
サムライチョップはパンチ力
サムライチョップさんのアニメ化ブログ
塩で揉む
しりこだまさんの汚れブログ
はた織り鶴の一撃
ガス電池さんのハイセンスブログ
ヒメジャノメートル
ラマオさんの滅裂ブログ
Kera-ma-go
んじょもさんの暗黒青春ブログ
本多おさむの「入りやすい穴、探してます」
穴さんの入りやすいブログ
all or Nothing radio Show
22世紀からきましたさんの22世紀からきましたブログ
七分袖モダンガール
カシスさんのアナクロニズムブログ
孤立無援の刺草
SANATOさんの寸鉄人を刺すブログ
小指をつないで
お米さんのよく噛んで読めブログ




【管理人プロフィール】
スーパー真心 20代 兵庫県在住

検索

最新の記事

移転のお知らせ
at 2015-06-04 00:18
海を渡れ
at 2013-03-29 21:37
海洋堂フィギュアミュージアム
at 2013-02-24 23:49
仮説
at 2012-11-15 21:37
つげぐち
at 2012-10-20 21:58

ファン

ブログジャンル

画像一覧