大人は楽しい

<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧




生中継はおろか録画もニュース映像も

浅田まおちゃん、銀メダルおめでと〜!!

よかったねー。

なぜだか僕まで緊張してしまいました。
金メダルに手が届かなかったのは本当に残念っっ。
でも、次に向けての目標ができたと思えばいいよね!
見事トリプルアクセルを決めたときは、感動して泣きそうになりました。



見てないけど。
[PR]



by uso8000000 | 2010-02-27 13:51 | ネタ

チーム青森のケツ

 テレビでカーリングを観たのですが、やっぱり納得いきません。
e0025267_20385245.jpg


 前々から、きなくさいと感じていました。
 氷の上に石をすべらして、モップでごしごしやって、的から近いだの遠いだの言いあっている遊び。
 そう、遊びなんです。
 冬季五輪に入っているのがおこがましい。氷じゃなくてもできるじゃん。実際氷のないところでやるカローリングって競技もあるし(それもどうなんだって感じだけど)。
 命かけた大ジャンプやってる人が金メダル1個で、氷上をモップでごしごしやってる美人風青森女子たちが金メダルを3つか4つ(カーリングって何人でやるものなのか知らない)もらえるだなんてそんなおかしな話あるかーい!憲法に違反してるんじゃないのか!
 と思って日本国憲法を紐といてみたのですが、僕の探し方が甘かったのか、残念ながらカーリングは違憲とするに足る根拠を見つけることはできませんでした。


 いやいやぜったいあんな競技おかしいよと思って、終わりの会で先生に言いつけるためだけに男子のいたずらを見張る小4女子の目になって、カーリングをテレビで見てみました。
 ちゃんと見たのははじめてのことです。


「石を投げる」 → 「ごしごしする」 → 「石を的に近づける」


 これがカーリングのすべてですが(もうちょっと他の要素あるかも)、たまに


「石を投げる」 → 「石を的に近づける」


 のときもあることに僕は気がつきました。
 投げる人がいちばんいいコースにいちばんいい強さで投げたら、「ごしごし」はいらないのです。

 ってことはよ。
 ってことはよ。
「ごしごし」する人は、投げる人が失敗したときに補正する係なわけです。


 そんなスポーツありますか!?


 はい、バスケットボールを思い浮かべてください。
 2点差。試合時間残り3秒。ここで陵南高校の池上(ディフェンスに定評のある)は、見事シュートを決め、同点に追いつきました。
 さらに相手の反則が認められ、バスケットカウントワンスロー。
 フリースローを決めれば陵南の勝利です。

 緊張の一瞬。
 池上が投じたボールはリングに当たり、ゴールの外へとこぼれました。
 ああ〜……。
 味方のため息が場内を包み込みます。

 そのとき。

 チームメイトの植草(ハゲ)が、手にしていたモップでボールをはじき、ゴールの外へこぼれかけていたボールをリングの中に押し入れたのです。

 やったぜ植草! すごいぜ植草! 逆転勝利だ!
 陵南高校、インターハイ神奈川県予選1回戦突破!(1回戦かよ)




 そんなこと認められますか?
 ええ、認められるはずがありません。
 
 ですから。ですから。
 百歩譲って。百歩譲ってですよ。

 カーリングで、石を投げた人が、その後ダッシュして自分でごしごしする。
 これでいいんじゃないでしょうか。

 
 チーム青森よ、自分のケツは自分で拭け!
[PR]



by uso8000000 | 2010-02-24 20:39 | カルチュア

Rー1ぐらんぷり2010とその前のやつ

Rー1ぐらんぷり2010を観たのよ。
M−1は「いちばん笑った」≒「いちばんいい」なんだけど、R−1はそうではないというのが僕の解釈。
落語と一緒で、技術や構成の妙の比重も大きい。
笑われると笑わせるはやっぱり違うよね。


サバイバルステージ(敗者復活)と決勝と最終決戦をごっちゃにした僕の中での順位。


1位.あべこうじ (決勝1:ものの言い方)
 良かった。去年までに比べてずっとうまくなってる。ああいうスタイルで優勝したという功績は大きい。

2位.アナログタロウ (サバイバル:80年代歌謡曲のどうでもいい情報)
 いちばん笑ったのはここ。でもサバイバルステージ通過しないことにも納得。

3位.COWCOW山田與志 (サバイバル:DJボブ)
 とにかく楽しかった。独りよがりになりがちなピン芸の中で、いちばん観る人の目を意識してたネタじゃないかな。

4位.なだぎ武(ザ・プラン9) (決勝1:ミッキーマウス)
 なだぎ武の動きがよく活かされていたネタだった。

5位.エハラマサヒロ (決勝1:塾の先生)
 前半部分は以前に観たことのあるネタだっただけに、後半びっくりした。

6位.あべこうじ (決勝2:ドレミの歌)
 技術はやっぱり高い。でもネタの中身は、んー?

7位.COWCOW山田與志 (決勝1:DJボブ)
 時間が長くなった分だけ冗長になった。

8位〜(特に可もなく不可もなく)
・友近 (サバイバル:ヨガの先生)
 元ネタ(フットルース)がわかんなかった。
・田上よしえ (サバイバル:日本語講座)
 日本語講座という設定はもうやり尽くされていると思う。
・ゆってぃ (サバイバル:漫談)
 ネタの内容は覚えてない。でも盛り上げてたからいいんじゃない?
・もう中学生 (サバイバル:シジミ)
 あの背景は、他のコントで使ったやつを使い回しているんだね。地球に優しい。
・中山功太 (サバイバル:カメラマン)
 「そこそこ欲しかったCDを買うといいよー。GReeeeNのベストだよー」が毒が効いていて良かった。いつも通りの中山功太。やっぱり去年の審査がむちゃくちゃだった。
・ナオユキ (サバイバル:漫談)
 舞台じゃなくて酒場で話したらいいんじゃない?
・エハラマサヒロ (決勝2:赤さん)
 小器用にまとめただけ。「赤ちゃんが大人っぽいことをする」っていうのが普通すぎた。
・バカリズム (決勝1:正義感の強い男)
 1分でやるネタだと思う。
・川島明(麒麟) (決勝1:いい声で言う)
 ほんとにいい声で言うだけのネタだった……・。普段の麒麟のネタを1人でやっても、2人でやるのとあんまり変わらないと思う。
・なだぎ武(ザ・プラン9) (決勝2:ドラえもん目覚まし時計)
 なだぎ武のおもしろさが見事に殺されていた。


18位〜 (不愉快になりました)
・ユリオカ超特Q (サバイバル:ハゲ漫談)
 この人のハゲは笑えないハゲ。ハゲが似合ってるからなあ。うまいんだけど。
・今泉 (サバイバル:言ってみてえ)
 エンタの神様を観てるのかと思った。
・我人祥太 (決勝1:憂)
 客をひかせていたね。ああいう方向性は別にアリと思うんだけど。
 1個目(この子だけ別腹)がどぎつくて、その後どんどん水準が落ちていったのがなあ……。
・いとうあさこ (決勝1:南ちゃん)
 言ってることは普通でした。


最下位. Gたかし (決勝1:ものまね紙芝居)
 うわあ。つまんねえ。物まねも微妙。
 小学生にネタ作ってもらったのかな? だとしたら悪くない。
[PR]



by uso8000000 | 2010-02-23 22:10 |

自分のジャンプができませんでした

 スキージャンプラージヒル。日本代表のハナイ選手は、惜しくも12位に終わりました。


ー ハナイ選手、残念でしたねえ

「ええ。バランスを崩してしまい、自分のジャンプができませんでした」


ー 誰のジャンプだったんですか

「え……?」


ー 自分のジャンプではなかったんですよね。誰のジャンプだったんですか

「いや……。誰のっていうか……。特に意識してたわけではないのですが……」


ー 強いて言うなら

「強いて言うなら……。カナダのマケイン選手のジャンプがあんな感じですかねえ。重心が高くて、左右のバランスが悪いので……」


ー ハナイ選手本来のジャンプはどんなのですか

「本来はですね……。両脚がそろっていて、上体をめいっぱい倒していて、芯がブレないジャンプです」


ー なるほど。その、自分のジャンプをしたのはいつの大会ですか

「ええと……。すみません! 自分のジャンプなんてできたことないです!」
[PR]



by uso8000000 | 2010-02-21 21:31 | ネタ

平成22年度天声人語大学入試(国語)

 2月19日付朝日新聞の天声人語がおもしろかった。
 無断転載。


騙し絵で知られるオランダの画家エッシャーに「滝」という作品がある。水路から落ちる水が水車を回して流れる。流れを目で追っていくと、あれ? また同じ落ち口に戻っていく。錯覚を巧みに使い、現実にはありえない(1)無限連鎖を描いた傑作とされる。

ありふれた(2)無限連鎖も人の世にはある。「今どきの若い者は……」の嘆きである。かのソクラテスも若者に嘆息したそうだ。言われた者がいつしか言う年齢になり、生きかわり死にかわり、有史以来のバトンリレーが続いてきた。

かつて「太陽族」があり「みゆき族」があった。五輪スノーボードの国母和宏選手の服装問題も、逸話の一つになろう。だいぶ叩かれ、国会でも取りあげられた。出場辞退がちらつき、本人は開会式参加を自粛した。「バンクーバー五輪外伝」として記憶されるに違いない。

多少の小言はわが胸にもある。にも増して、ひとりの若者のささいな「未熟」をあげつらう、世の不寛容が気になった。(3)若いネット世代からの非難も目立ったと聞く。どこかとげとげしい時代である。

(中略)

「両親が見えた。応援してくれるのでうれしかった」と臨んだ決勝ではふるわなかった。8位は不本意だったろうが、次がある。4年後に、「今の若い者は」と嘆くほど自身が老け込んでいないよう、願っている。



(下線は僕によるもの)


問1.
(1)と(2)に「無限連鎖」という言葉が出てくるが、この両者の違いを説明せよ。

答1.
 エッシャーの「滝」は水の流れが滝に戻るので無限に続くが、「今どきの若い者は……」の嘆きは常に低い(若い)ほうに流れていく一方なので、無限連鎖ではない。



問2.
(3)若いネット世代とあるが、匿名が基本のネットの書き込みで、どうして若い世代からの書き込みが多いとわかったのだろうか。「筆者の先入観」という言葉を用いて説明せよ。

答2.
 筆者の先入観



問3.
 作者がこの文章を通して言いたかったことを50字以内で説明せよ。

答3.
 若いネット世代はひとりの若者のささいな未熟を許す寛容さを持っていない。これだから最近の若い者は………。(50字)
[PR]



by uso8000000 | 2010-02-19 05:31 | ニュース

当選者の発表は発送をもって

 あたしは今、懸賞にはまっている。
 高校3年生で、一応大学進学を考えてるんだけど、今年の冬は受験勉強そっちのけで懸賞に応募していた。

 はがきに氏名や住所や電話番号年齢性別家族構成血液型口座番号性癖戒名を書いて応募したら、抽選で50名様に素敵な景品が当たるというアレである。
 当選者の発表は発送をもってかえさせていただくアレである。

 今はメールやWebでも懸賞に応募できるらしいが、あたしにいわせればそんなの邪道だ。
 やっぱりはがきがいい。
 メールだと簡単に応募できるから、次々に応募してしまう。
 そしたら応募といえるのは3通目まで。4通目からはもう作業だ。11通目からは苦行になる。94通目からは拷問、340通目からは条件反射となり、24956通目からは生きる意味になってしまう。
 いくら懸賞が好きだからって、生きる意味が懸賞だなんて嫌だ。あたしの人生は発送をもってかえてほしくない。


 難しいパズルを解いて応募するのもあるけど、あたし的にはそんなのつまんない。
 だってそれだったら、パズルを解いただけで満足しちゃうじゃない。
 あたしは懸賞に応募して満足感を得たいの。
 だから、とっても簡単なクイズに答えて百万円もらおう!みたいなのがいい。

「Q.○○の中にあてはまる数字を書いてください。
 『松平食品は今年で○○周年!』
(ヒント:松平食品は今年で創立30周年を迎えました)」

 こんなのがいい。
 これぐらいの問題なら、あたしみたいなおばかさんでも、紙に式を書いて計算すれば答えを求められるもの。


 懸賞に当たるにはハガキにいっぱい色を塗って絵を描いて「お願いします。当選させてください」なんてメッセージを書くといい、なんて話を聞いたことがある。
 でもそんなのぜーんぜんウソ。
 あたしの経験上、シンプルなのがいい。
 きれいに飾り付ける必要なんてない。
 ハガキだってどんなのでもいい。
 チラシの裏に切手を貼って投函してもいい。
 あたしなんか、板チョコに切手を貼って応募したこともあるよ。
 だけどそのときは名前と住所を書くのを忘れちゃった。
 だから当選した商品は、板チョコの裏に書いてあった明治製菓の住所に届いたんじゃないかな。


 懸賞って、落選したときは通知がこないのがいいよね。
 当たったときは景品が届く。
 はずれたときは誰も何にも言わない。
 懸賞に応募したことなんて忘れてるから、何の連絡もこなかったら、自分が落選したことに気がつかないんだもの。
 これって最高よね。
 勝つことはあっても負けることのないギャンブルだもの。


 大学入試も、結果は合格者だけに教えてくれたらいいのに。
 不合格の人には何にも言わないの。
 そしたら入試に落ちた人は、自分が大学に落ちたことに気がつかないでしょ。
 結果が来てないからまだ落ちてないかもしれないと思って、ずっと待ちつづけていられるじゃない。


 九十歳になって、そういや七十年ぐらい前に受験した東大の入試の結果はどうなったんだろうと思いながら静かに暮らしてゆくの。
 それってとっても幸せな人生だと思わない?
 九十歳だけど、今からでも東大生になれるかもしれないと思って縁側で猫を抱くの。
 そしたら顔なじみの郵便屋さんがやってきて「おばあちゃん、おめでとうございます!」って言ってくれるの。

 急いで書留のハンコを押して、郵便屋さんが持ってきてくれた包みを受け取る九十歳のあたし。
 包みの中には、松平食品創立30周年の板チョコ。
 当選したのが天国からの招待状じゃなかっただけまだよかったけどね。
[PR]



by uso8000000 | 2010-02-11 21:59 | ネタ

ランランララン ランラララン♪

最近よく聴く曲。
十年以上も前の歌ばっかり。

browny circus 『Summer Vacation A Go Go!』

日本人ガールズパンクのへろへろ英語歌が好きだ。
つまりは少年ナイフみたいなの。

小沢健二『ドアをノックするのは誰だ?』

トレンドな歌をやっていたようで、実はけっこう普遍的なものをつくっていたんだなあと最近気づいた。
久しぶりにライブやるんだってね。

カヒミ・カリィ『 Mike Alway's Diary(日本語Ver.)』

さっきはオザケンで、今度は小山田圭吾。
日本語ヴァージョンでも英語ヴァージョンでも曲の雰囲気がまったく変わらない。
これはけっこうすごいこと。
そして日本語詞の意味がさっぱりわからない。スピッツなんて目じゃないぜ。

France Gall 『Poupée de cire poupée de son(夢見るシャンソン人形)』

明るいようで、なぜだか怖い歌。狂気を感じる。
フランス・ギャル、美人だなあ。好みじゃないけど。

DIANA ROSS & THE SUPREMES 『YOU CAN'T HURRY LOVE(恋はあせらず)』

今もあちこちでよく聴く曲。
こういう歌は日本人が逆立ちしても作れないんじゃないかな。

Nick Lowe 『cruel to be kind』

体の底から楽しくさせてくれる音の並び。
タイトルは「(君が)冷たくするのは(僕を)好きだからだろう?」というような意味らしい。
そんなふうな考え方をできるようになりたい。
[PR]



by uso8000000 | 2010-02-02 21:30 | 紹介

移転しました。新しいブログはこちら http://dogdogfactory.blogspot.jp/
by uso8000000
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

ブログリンク

USO-800大喜利
トップページです。

大喜利カレンダー
べとんさん運営の、大喜利やる人には欠かせないカレンダー

まるで銃弾浴びてるかのよう
短歌

三人一句
昔やってた遊び



ジャックハマー
ミニゴバさんの文士ブログ
眼球の裏窓
眼球支点さんの対話式ブログ
大友・ごむの「なりきりアンドロイド」
大友ヒップホップさんの激辛ブログ
まち子よ
フードさんのドギツイブログ
ひぐまの左手
ニッポニアさん・なゆらさんのひょっとこキャンバス
菜果牛乳3
To菜果さんの爆弾ブログ
なんとなく
あいつさんのハレンチブログ
あんにゅい三昧
あんにゅい竹さんの皆勤ブログ
土砂降りの脂の中で僕ら
えこなさんの痛快ブログ
忍者ムラサキのおしゃべりデート
忍者ムラサキさんのおしゃべりブログ
暴投戦士(笑)
暴投戦士(株)さんのしっかり者ブログ
さんえいち(戒)
雨乞い番長さんの番長ブログ
リッスン・トゥー・ハー
なゆらさんの名文ブログ
いわし13号
いわしさんの大衆魚日記
今夜は金玉について語ろうか
たかさんの変態ブログ
☆一瞬の輝き
kanon560さんの追想ブログ
サムライチョップはパンチ力
サムライチョップさんのアニメ化ブログ
塩で揉む
しりこだまさんの汚れブログ
はた織り鶴の一撃
ガス電池さんのハイセンスブログ
ヒメジャノメートル
ラマオさんの滅裂ブログ
Kera-ma-go
んじょもさんの暗黒青春ブログ
本多おさむの「入りやすい穴、探してます」
穴さんの入りやすいブログ
all or Nothing radio Show
22世紀からきましたさんの22世紀からきましたブログ
七分袖モダンガール
カシスさんのアナクロニズムブログ
孤立無援の刺草
SANATOさんの寸鉄人を刺すブログ
小指をつないで
お米さんのよく噛んで読めブログ




【管理人プロフィール】
スーパー真心 20代 兵庫県在住

検索

最新の記事

移転のお知らせ
at 2015-06-04 00:18
海を渡れ
at 2013-03-29 21:37
海洋堂フィギュアミュージアム
at 2013-02-24 23:49
仮説
at 2012-11-15 21:37
つげぐち
at 2012-10-20 21:58

ファン

ブログジャンル

画像一覧