大人は楽しい

<   2009年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧




投票のありかたについて考える

 今日は総選挙の投票日ですね。

 以前にも書いたかもしれませんが、僕は「行きたくない人はべつに投票に行かんでもええやん」派です。
 こういうこと言うとよく「みなさんそろって投票に行きましょう」派の人たちは
「投票は国民の義務だ。魅力のある候補者がいない? だったら白紙投票すればいい。それもひとつの意思表示だ」
なんてことを言います。

 白紙投票をするために投票所まで出向くのは、囚人の気を狂わせるために穴を掘らせて今度はその穴を埋めさせる刑罰と同じくらいかったるい。なんてことはさておき。

 白紙投票がひとつの意思表示であるのと同様、投票に行かないということも意思表示の一手段だと思います。
 白紙投票が「魅力のある候補者がいない」ことを示すものなら、無投票は「今回の選挙に魅力がない」あるいは「今の選挙システムに疑問がある」ことを示すものだと思います。
 実際、投票率は国民が持つ選挙への関心の高さを表すバロメーターとして用いられていますし。

 だから選挙に行こうが行くまいがどっちでもいいと思います。フセイン政権下のイラクじゃないんだから。
 投票率が上がって誰が得をするのかって考えたら、大政党でしょ。なんかきなくさいよね。


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

 ここからが本題。

 総選挙の投票は行っても行かなくてもいいと思いますが、ゴリトナの投票はやっといたほうがいいです。

「この候補者か、あるいはこっちか」とオールオアナッシングでしか投票できない総選挙とちがい、今回から投票システムが新しくなったゴリトナはもっと微妙な好みの揺れを反映できますからね。
「どっちもおもしろいけどこっちのほうがやや上」とか「圧倒的にこっちのほうが上」とか「どっちもダメダメだけどこっちはもっとダメダメダメ」とか。

 しかもゴリトナは投票データが充実してるのがいいですよね。
 自分が誰に何票入れたかとかもわかるので、自分でも気づかなかった好みが顕われたりします。

 さあ投票に急げ! 投票締切は9/5(土)!
[PR]



by uso8000000 | 2009-08-30 06:01 | ごりとな・幕の内

お父さん、もういらないよ

e0025267_12155661.jpg


お父さんが教える読書感想文の書きかた

e0025267_12205539.gif


9/1発売ってw
[PR]



by uso8000000 | 2009-08-29 12:17 | 本の周辺

ごりとな2009 2 〜駆け足、すすめ〜

ごりとなトーナメントを見た感想。続き。


 【Iブロック】
・右下がすごい。特にOMBマスターさんVS抱きしめたトゥナイトさん。1回戦屈指の好カードだ。前々回、前回と連続してベスト4に入っているOMBマスターさんが初戦で負けてしまう波乱もあるかも。
・バレロンさん、宮城さんもいいとこいってくれる。きっと。

 【Jブロック】
・うーん。知らない人が多いな。十郎さんがんばって。

 【Kブロック】
・花泥棒さんがここ。勝ってほしい。torotaさんも手強かったような。

 【Lブロック】
・ここの左側は知っている人だらけだ。ほとんど知ってる。誰が出てくるか読めないな。

 【Mブロック】
・4、5人しか知らないや。でもその人たちはみんな強い。

 【Nブロック】
・右下。いさむさん、風呂上りに遭難さん、アンクシャスさん。いいブロックだ。

 【Oブロック】
・うんこ伊忍道さんVS縦関数さん。これもいい対戦。

 【Pブロック】
・山本山さん、ラジオ聴きました。
・右上。あるぴのさん、涼秋さん、ありありさん。ここも注目してます。



 青リーグは赤に比べて知らない人が多いこともあり、前回よりもだいぶ駆け足になってしまいました。
 それよりなにより、自分の投稿締切が近いのでそれどころじゃないです。

 この緊張感、久々です。1回負けたら終わりですからね。高校球児の気持ちがわかります(全国のボウズ高校生に謝れ)。
 タイマンってのはおそろしいですね。
 大喜利歴だけはぼちぼち長いので、投稿するときに「このボケだったら上位3分の1には入るだろうな」って手応えをつかんだりもするんですが、タイマンは相手がもっとすごいの出してくるかもしれませんからね。
 考えだすとぐるぐる回って何がおもしろいのかわからなくなるので、とりあえず投稿を済ませました。来週1週間はどきどきしっぱなしだ。
[PR]



by uso8000000 | 2009-08-27 19:55 | ごりとな・幕の内

もう日本文理が優勝でいいと思う

e0025267_17215084.jpg

うわあああああああああああああ。

すげえ。
すげえ。
日本文理すげえ。


ばかにしててごめんなさい。
今日の決勝戦見てて、鳥肌が立ちました。最後は呼吸をするのも忘れて見ていました。



8回を終わって6点差。
余裕の中京大中京は、一度は引っ込めた堂林くんをマウンドへ。「点差もあるし、エースを優勝投手にさせてやろう」という思惑があったのでしょう。中京大中京の慢心がありました。

三振、ショートゴロで2アウト。
中京大ナイン、そして観客にも「もう終わった」の思いがあったことでしょう。

ここからが日本文理の脅威の粘り。

1番切手くんが6球粘って四球。
2番高橋隼之介くんは9球投げさせての二塁打。
3番武石くんは7球目をライト線へ。ライトが処理をもたつく間に3塁へ。

このへんの粘りは本当に見事でした。きわどい球をしっかり見て、難しい球はファール。9回2死とは思えない落ち着きかたでした。
日本文理は、カウント2−3を想定して一球に集中するという練習をしてきたらしいですけど、見事にその練習が生きていました。

2点を返しても、まだ4点差。中京大中京にとってはセーフティリードのはずなのに、もうこのあたりから「ひょっとしたら逆転も……?」という雰囲気になっていました。

4番の吉田くんが死球。ここで中京大中京は堂林くんから森本くんに再びスイッチ。継投が後手に回っています。
変わった森本くんも雰囲気に呑まれたのか、5番の高橋義人くんは8球投げさせて四球。これで2死満塁。
ここで打者は、たった一人でこの大会投げ抜いてきた伊藤くん。同点満塁本塁打、の夢みたいな話も現実に起こってしまいそうなものすごい雰囲気。2年前の決勝の佐賀北の逆転満塁本塁打と同じ空気に変わりました。
見事に期待に応えて、三遊間を破る安打。
2塁ランナーもかえって、10−8。2点差。

大いに盛り上がったシーンでしたが、決していいプレーではありませんでした。
4点差を追いかける9回の攻撃なんだから、無理に2塁ランナーがかえる必要はなかった。結果的にホームインできたからよかったようなものの、「3点差で満塁」でも「2点差で1,2塁」でも同じですからね。3塁コーチャーは止めるべきでした。
実際、かなりきわどいタイミングでした。アウトと言われてもおかしくなかった(その場の雰囲気が審判にセーフのジャッジをさせたようなもの)。

話は試合に戻って、9回表2死1,2塁。点差は2点。
代打の石塚くんがレフト前へ運んでついに1点差。2死1,3塁。
中京大中京は簡単なファウルフライを落とすなど、完全に「甲子園の魔物にとりつかれた」状態。
30年前の箕島ー星稜の“ファウルフライ落球→同点本塁打”が脳裏によぎります(もちろん生で見たわけじゃないけど)。

その後の若林くんの打球はサードにとられたものの、鋭い当たり。
敗れはしましたが、日本文理、すばらしい粘りでした。

敗れた日本文理の応援団が大拍手を送り、勝った中京大中京の堂林くんが泣きじゃくっていたのが、日本文理の粘りがどれだけ驚異的なものだったかを表していました(堂林くんの涙はまちがいなく嬉し涙ではなく悔し涙だと思います)。


優勝したのは中京大中京でしたが、強烈な印象を残したのは日本文理。

数年経って今年の大会を振り返ったら
「あの年はいいピッチャーが多かったよね。花巻東の菊池くん、明豊の今宮くん、興南の島袋くん、常葉橘の庄司くん、智弁和歌山の岡田くん、などなど。決勝での日本文理の脅威の粘りが忘れられないなあ。あれ? 優勝したのはどこだっけ?」
という大会になりそう。

おまけ(2chの「新潟の高校野球」スレより)
[PR]



by uso8000000 | 2009-08-24 17:21 | カルチュア

まだ終わってないのに総括みたいな

前に今年の甲子園で注目している10校という記事を書きましたが、僕が注目していた学校はどうなったんでしょうか。


・西条(愛媛)    2回戦敗退。1勝1敗。
・華陵(山口)    2回戦敗退。0勝1敗。
・聖望学園(埼玉)  1回戦敗退。0勝1敗。
・日大三(西東京)  2回戦敗退。1勝1敗。
・帝京(東東京)   ベスト8。 2勝1敗。
・智弁和歌山(和歌山)3回戦敗退。2勝1敗。
・天理(奈良)    2回戦敗退。1勝1敗。
・常葉橘(静岡)   3回戦敗退。2勝1敗。
・花巻東(岩手)   ベスト4。 4勝1敗。
・関西学院(兵庫)  2回戦敗退。1勝1敗。

10校合わせて14勝10敗。ぜんぜんだめだー。
でも今年のこの展開を予想できた人はまずいなかっただろうな。
それぐらい荒れに荒れた大会でした。

波乱だらけだったのでおもしろかったのですが、決してレベルは高くありませんでした。
失策と四死球(特に死球)と走塁死がやたらと多かったという印象。
走塁死はまだいい。高校生らしいプレイとも言えるし。
でも失策や四死球が多いと、点が入って派手な試合展開にはなりますが緊迫感には欠けます。
だから今大会は速球派の好投手が多かったわりには、ロースコアの行き詰まる投手戦が少なかった。
数年前に、東北のダルビッシュと平安の服部が投げあって延長11回で1−0なんてすごい試合がありましたが、あんな試合ももっと見たい。

雑な野球が多かったなというのが大会を振り返っての(まだ終わってないけど)僕の感想。
あれだけいいピッチャーがいた(そして注目されていたバッターはほとんどいない)のに、決勝まで勝ち上がったのが打ち勝ってきた日本文理と中京大中京の2校だということがその表れだと思います。



決勝なんですが、やっぱり日本文理にがんばってほしいですね。
失礼を承知で言うと、高校野球ファンとしての僕にとっては新潟県というのは全国最下位の県でした。夏は出てきてもすぐ負けるし、春はそもそも長野に負けて出てこないし。なにしろ81回を数えるセンバツ大会で、新潟県勢はまだ2勝しかしてないですからね。
一方の中京大中京は、全国4041校中第1位の甲子園優勝回数を誇る学校。
これは判官びいきで日本文理を応援せざるをえないですね。
なにしろ開幕前に今年の戦力分析をした雑誌には、日本文理は「めざせ初白星」と書かれていましたからね。よくて1勝という予想。
日本文理にはもちろん実力もあるんですけど、それよりくじ運にめぐまれたという印象。
日本文理の対戦相手は、寒川、日本航空石川、立正大淞南、県岐阜商。いわゆる強豪と呼ばれる学校と一度も対戦せずに決勝まで上がってくるチームも珍しいですね。
一方の中京大中京も、そんなに厳しい組み合わせだったわけではない。
そんなところも、なんかどっちが優勝しても首をかしげてしまいそうな対戦だと思う理由のひとつ。

興南、西条、常葉橘、花巻東と、プロ注目の好投手がいる学校とばかり当たった明豊が優勝したら納得できたんだけどなあ。


なんか愚痴みたいなことばかり書いてしまいましたが、まだ決勝戦が残っています。
一気に大会全体の評価を急上昇させるような好勝負を期待しています。
[PR]



by uso8000000 | 2009-08-23 22:34 | カルチュア

ごりとな2009 1 〜異性にもてないブロック〜

いよいよごりとな2009の組み合わせが(一部)発表されました。


いやあ。ドキドキしますね。
最近は昔ほど大喜利をやってないので、知らない人だらけになっているんじゃないかと思っていました。
なにしろ全盛期は1日に5つぐらいボケていたのに、今じゃ年間1ケタですからね。
でも参加者の顔ぶれを見てみると、半分近くは聞いたことのある名前です。意外とこの世界は入れ替わりが少ないんですね。

予想はしませんが、組み合わせを見た感想。


 【Aブロック】
・たかさん、そろそろブログ再開してください。

 【Bブロック】
・えこなさん、そろそろブログ再開してください。
・えこなさんといわしさんが近くにいる。仲いいなあ。
・今回も大友ヒップホップさんがブログで何をやってくれるのか楽しみ。
・SANATOさんとのりしろさんの対戦が見たいな。

 【Cブロック】
・右上にアウステットさん、冷凍兼冷蔵庫さん、豆じろうさん。懐かしい名前がずらり。他にも古くからやっている人がけっこういるなあ。

 【Dブロック】
・ここも懐かしい名前がいっぱい。
・しりこだまさんが勝てば、蛯さんと対決かあ。トリオ・デ・ブログではチームメイト、むーちーでは敵だった二人。

 【Eブロック】
・満月さん懐かしい。がんばって。
・右下、ケフ・ヒガンテさん、一人シアターさん、ョン・万次郎さん。豪華だ。

 【Fブロック】
・スーパー真心はここ。対戦相手は001さん。何度も見たことあるような名前だけど……? 個性のない名前だからなあ。

 【Gブロック】
・右上、眼球支点さん、willさん、間健二さん。これも豪華。

 【Hブロック】
・ここは知らない人が多い。しかし濃い名前が多いな。ムナゲ☆マン、諦めた顔面、ちゃんこフォンデュ、エイプマンかさかさ素肌、祭典また祭典、暗い夢を見よう、おとこ教室……。異性にもてない奴らを集めたブロックにちがいない。
[PR]



by uso8000000 | 2009-08-22 20:39 | ごりとな・幕の内

単純な脳、複雑な「私」

e0025267_2144448.jpg

  池谷裕二 『単純な脳、複雑な「私」』


 薬学博士の書いた、脳の本。
 高校生に向けてされた講演をまとめた本なので、専門家が書いた本でありながら、素人にもわかりやすい。
 前著『進化しすぎた脳』もおもしろかったが、この本もすごい。どきどきするぐらいおもしろい。
 
 脳のことをこんなに知ってしまうと、人生観が変わってしまうよ。




 おもしろかったとこ(一部だけ)


・顔の右半分が男で左が女なら、女に見える。右が女で左が男なら、男に見える。人間は、他人の顔の左半分(つまり本人からすれば右半分)しか見ていない


・受付カウンターで、係の人から書類を渡されてそこに記入をする。記入をしている間に係の人がこっそり入れ替わっても、ほとんどの人は気づかない。係の人が男から女に変わっても気づかない。これを「変化盲」という。


・人間は感情と行動を合致させようとするので、誰かにプレゼントをあげるとその人を好きになる。だから好きな人を振り向かせたいときは、プレゼントをあげるのではなくもらう、尽くすのではなく尽くささせるほうがいい
 行動があって、それによって感情が決定する。


・難しい問題を出されたとき、出題後8時間考えつづけた人よりも出題後8時間眠っていた人のほうが正解率が高い。


・我々の網膜は、上下が反転した図形を見ている。網膜に映っている像は、足が上で頭が下。


・マウスに長方形の図形を見せたときだけエサを与えると、正方形よりも長方形を選ぶようになる。
 次に、この長方形と、もっと細長い長方形を見せると、より細長い方を選ぶ。形そのものではなく「長方形性」を選択する。


・「がんばれ」というサブリミナル表示を見せると、見たという意識はないのに握力は2倍近くになる。


・2つのグループに同じ作業をさせ、報酬に差をつける。すると、安い賃金しかもらえなかったグループの方が高い満足感を得られる。「金のためにやっているんじゃない」と思うから。
 これも行動が感情を決定している例。
 行動が先にあり、脳はその行動の起源を常に探求している


・のけ者にされて心が痛むとき、本当に「痛み」に反応する脳部位と同じ領域が活動している。


・他人が痛い目に遭っているときや、まだ使えるものを壊すときも、痛覚系の神経回路が活動する。


・脳の角回という部位を刺激すると、背後に誰かいるような感じがする。しかし自分が手を上げると後ろの「誰か」も手を上げる。つまり、角回を刺激することによって自分の存在する位置がズレる。これによって幽体離脱を人工的に引き起こすことができる。


・遺伝子情報は人間1人で750メガバイト。
 1人の人間の遺伝子情報はCD1枚に入ってしまう


・熱さを感じる脳のチャネルはトウガラシに反応する。
 冷たさを感じる脳のチャネルはミントに反応する。


・視覚は、赤緑青の3つのチャネルを持っている。
 味覚は塩味、酸味、甘み、苦み、旨味の5種。
 ところが嗅覚は400種の受容体を持っている。ネズミの嗅覚は1,000種。


・赤を感じる受容体、味の受容体、においの受容体は人によって違う。人によって違う感じ方をしている。私の見ている赤色とあなたの見ている赤色は違う色


・2匹のザリガニの神経系をつなぎ、お互いの感覚を交換しあう実験にはすでに成功している。


・欠けたものを埋める(=治す)だけでなく、新たな感覚を獲得できる時代になった。


・手を動かそうと思うよりも先に、脳は動かす準備を始めている。我々は自由意思を持っていると思っているが、意志よりも先に行動がある。
 「手を動かそう」などという欲求が生まれるのはオートマティックなプロセス。我々が持っているのは行動する自由ではなく「行動することを止める」という自由にすぎない


脳を観察していれば、作業ミスをする6〜30秒前には「この人はもうすぐミスをする」ということがわかる。


・腕が動いてから「動いた」と判断したのでは、0.5秒もかかってしまう。だから脳はフライングして、動かす前に「動いた」という知覚を始めている。


・緑→黄→赤、と徐々に色が変わってゆく図形を見ていると、本当は黄色の段階ですでにオレンジに見える。脳が未来を予測して、我々の目に未来を見せているからである。我々は未来を見ている
(http://www.asahipress.com/brain/future.html)


・遺伝子は生命の設計図というより、作り方を定めたルールの一部。


・生命は自身を書きかえる。構造が機能をもたらし、機能が構造を作りかえる。
[PR]



by uso8000000 | 2009-08-21 21:08 | 本の周辺

8/8に「新潟は優勝できない」って書いちゃった

第91回全国高校野球選手権大会、ベスト8がでそろいました。


明豊(大分) ー 花巻東(岩手)

日本文理(新潟) ー 立正大淞南(島根)

帝京(東東京) ー 県岐阜商(岐阜)

都城商(宮崎) — 中京大中京(愛知)


地方色豊かな顔ぶれですね。
東北1校、関東1校、北信越1校、東海2校、中国1校、九州2校。
野球王国と呼ばれた四国や近畿が1校も残っていないのを見ると、時代が変わったなあと実感します。昔(といっても10年くらい前)だったら東北や北信越の学校がベスト8進出しただけで「今年はすごい」と話題になったのに。


優勝7回の愛知、6回の東京は別として、岐阜と大分は優勝1回ずつ、岩手と島根と宮崎は決勝進出すらなく、新潟にいたってはベスト4進出したこともありません。
これはおもしろいですねえ。
頼むから帝京と中京大中京の決勝なんてことにならないでくれよお。


(予想)

 明豊(大分)● ー ○花巻東(岩手)

どちらも2日連続。どっちもここで消えるのは惜しいチームだなあ。
スタミナありそうな菊池くんがそろそろ完封でもしてくれるんじゃないかと予想。


 日本文理(新潟)● ー ○立正大淞南(島根)

地力でいえば日本文理だろうけど、チームのまとまりを買って立正大淞南。
「14人旋風」の期待もかなり入っている。これ以上感染者出ないでくれよ。


 帝京(東東京)○ ー ●県岐阜商(岐阜)

帝京はレベルが違いすぎる。「帝京 VS 他の7校のオールスター」でやっとレベルが釣り合うぐらいじゃなかろうか。
帝京を倒せるとしたら堅い守りのチームしかないと思う。


 都城商(宮崎)○ — ●中京大中京(愛知)

で、その堅い守りのチームが都城商。1回戦を観ていいチームだと思った。
番狂わせを期待して都城商の勝利と予想。
ひそかに優勝もあるんじゃないかと期待しています。でもそれに便乗して知事が調子に乗るところは見たくない。
[PR]



by uso8000000 | 2009-08-20 20:36 | カルチュア

ひさしぶりに本格ヒールチームの誕生です

ちょっとちょっと!

長野日大高校、やりすぎじゃない?

1回戦(対 作新学院)は、加藤投手が5死球。
2回戦(対 天理)は、加藤投手が4死球、佐藤投手が3死球。

2試合で12死球って(四球は7つ)。
これはもう強気な内角攻めとかいうレベルじゃないだろ。
e0025267_20214344.jpg

もちろんわざとぶつけてるんじゃないだろうけど、十分な制球力がないのなら内角の攻め方は考えないといけないよ。
そろそろ高野連は指導を入れるべきだと思う。


それにしても天理……。

  部員が新型インフルエンザ感染
→ キャッチャーが骨折
→ 7つのデットボールを食らう

ついてなさすぎるだろ。
天理教の神通力が落ちてきてるのかな?
[PR]



by uso8000000 | 2009-08-17 20:22 | カルチュア

終戦記念の日に青い空を見上げて思ふ

 この世から戦争やブラジャーなんてなくなればいいのに
[PR]



by uso8000000 | 2009-08-16 19:12 | ネタ

移転しました。新しいブログはこちら http://dogdogfactory.blogspot.jp/
by uso8000000
プロフィールを見る
画像一覧

ブログリンク

USO-800大喜利
トップページです。

大喜利カレンダー
べとんさん運営の、大喜利やる人には欠かせないカレンダー

まるで銃弾浴びてるかのよう
短歌

三人一句
昔やってた遊び



ジャックハマー
ミニゴバさんの文士ブログ
眼球の裏窓
眼球支点さんの対話式ブログ
大友・ごむの「なりきりアンドロイド」
大友ヒップホップさんの激辛ブログ
まち子よ
フードさんのドギツイブログ
ひぐまの左手
ニッポニアさん・なゆらさんのひょっとこキャンバス
菜果牛乳3
To菜果さんの爆弾ブログ
なんとなく
あいつさんのハレンチブログ
あんにゅい三昧
あんにゅい竹さんの皆勤ブログ
土砂降りの脂の中で僕ら
えこなさんの痛快ブログ
忍者ムラサキのおしゃべりデート
忍者ムラサキさんのおしゃべりブログ
暴投戦士(笑)
暴投戦士(株)さんのしっかり者ブログ
さんえいち(戒)
雨乞い番長さんの番長ブログ
リッスン・トゥー・ハー
なゆらさんの名文ブログ
いわし13号
いわしさんの大衆魚日記
今夜は金玉について語ろうか
たかさんの変態ブログ
☆一瞬の輝き
kanon560さんの追想ブログ
サムライチョップはパンチ力
サムライチョップさんのアニメ化ブログ
塩で揉む
しりこだまさんの汚れブログ
はた織り鶴の一撃
ガス電池さんのハイセンスブログ
ヒメジャノメートル
ラマオさんの滅裂ブログ
Kera-ma-go
んじょもさんの暗黒青春ブログ
本多おさむの「入りやすい穴、探してます」
穴さんの入りやすいブログ
all or Nothing radio Show
22世紀からきましたさんの22世紀からきましたブログ
七分袖モダンガール
カシスさんのアナクロニズムブログ
孤立無援の刺草
SANATOさんの寸鉄人を刺すブログ
小指をつないで
お米さんのよく噛んで読めブログ




【管理人プロフィール】
スーパー真心 20代 兵庫県在住

検索

最新の記事

移転のお知らせ
at 2015-06-04 00:18
海を渡れ
at 2013-03-29 21:37
海洋堂フィギュアミュージアム
at 2013-02-24 23:49
仮説
at 2012-11-15 21:37
つげぐち
at 2012-10-20 21:58

ファン

ブログジャンル

画像一覧