大人は楽しい

<   2009年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧




高校野球天気予報。今年はやや荒れ模様です。

 全国高校野球選手権大会。
 どんどん本戦進出校が決まってゆく今が一番おもしろい時期です。


【青森】たぶん青森山田なんだろうな。県内では飛び抜けている。高校サッカーほどじゃないけど。

【岩手】花巻東が甲子園出場。菊池くんはほんとに感じのいい青年だ。

【山形】酒田南、決勝で17ー0。5試合で無失点。県内では敵無しといった感。

【千葉】八千代東が甲子園へ。8試合中6試合が1点差って。こういうチームは甲子園ではころっと負けてしまうことが多いね。

【神奈川】慶応、東海大相模、横浜がバタバタと破れた神奈川県予選。今年もっとも荒れた大会だね。

【東東京】都立雪谷が決勝へ。ぜひ都立校に甲子園に行ってもらいたい。

【西東京】と思ったらこっちもベスト4のうち2校が都立。残る2校は日大二と日大三。4チームとも打のチームなのでおもしろい。特に日大三の打線はすさまじい。ここまでの4試合すべてで5回コールド勝ち。しかも18イニングで47得点! 打ちすぎだ。2001年よりすごいんじゃないか。

【長野】地球環境高校という耳慣れない学校がベスト4まで残っていた。一時期「環境」とか「人間」とかが名前に入る大学が増えたけど、最近じゃ高校でもあるんだ。調べたら通信制みたい。

【愛知】中京大中京、名電、東邦、享栄の私学四強がつぶしあう展開。これはこれでおもしろい。

【石川】ちょっと前まで石川の勢力図は金沢VS星陵に遊学館が割って入るかという感じだったのに、今年は3校とも決勝に残れず。かなりの激戦区になりつつあるのか?

【京都】センバツ出場の福知山成美は決勝でサヨナラ負け。エースの長岡くんが決勝では投げていない。なにがあったんだ?

【大阪】エースと4番を欠きながら勝ち進んでいるPL学園。どんだけ選手層厚いんだ。

【兵庫】関西学院ががんばってる。報徳、神戸広陵を相次いで破る。でも公立の星・社高校に期待。

【福岡】全国有数の進学校・修猷館がベスト4まで進んだ。大したものだ。

【沖縄】興南が甲子園出場。投手がいいので期待できる。
[PR]



by uso8000000 | 2009-07-27 21:10 | その他

悪石島ってひどい名前

皆既日食を見るために、悪石島という島に行っている人たちがいるらしい。

ニュースを見ていたら、悪石島に旅立つ人たちがインタビューに答えて
「46年ぶりですからね。絶対感動しますよ」
口々に言っていた。

見にいって感動するんじゃなくて、感動するために見にいくのかあ。
なーんだ。わざわざ時間とお金使って小島に渡るからどれほど日食を好きなのかと思ったら、あの人たちにとって日食ってその程度のものなんだ。
感動するために『犬と私の10の約束』とか『恋空』を見にいく女子中学生と一緒かー。

わざわざ悪石島まで見にいく行為に感動してるんじゃん。


雨降ったらいいのに。
[PR]



by uso8000000 | 2009-07-21 20:45 | ニュース

フェルマーの最終定理

 サイモン・シン『フェルマーの最終定理』(新潮文庫)
e0025267_19442473.jpg


 まず、このような良質な数学の本が文庫で出ることに感動。

 中学生のときに数学の本をたくさん読みたかったんだけど、ティーン向けじゃないまともな数学の本ってハードカバーばかり(しかも数千円するものばかり)で、お金のない中学生には手が出なかったことを思い出しました。あのときこの文庫が出ていればなあ。


 フェルマーの最終定理が証明されるまでを丹念に描いた一冊。イギリスのテレビ番組を本にしたので、素人にもわかりやすく数式はほとんど出てこない(それがかえってわかりづらくしている部分もある。多少は数式を出してもいいと思うけど)。


 フェルマーの最終定理とは、
【a^n + b^n = c^n (a^nはaのn乗という意味)】
 nが2より大きいとき、これを満たす自然数解は存在しない、っていうアレです。高校の数学の教科書にも載っているくらい有名なやつですね。


 自らが発見した定理の証明をいちいち書くことを好まなかったフェルマーは本の余白に
<私はこの命題の真に驚くべき証明を持っているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない>
とだけ書き記す。

 ゴールド=ロジャーが「この世のすべてをそこに置いてきた」と言ったせいで世は空前の大航海時代を迎えるが、フェルマーが「証明を書くことができない」と書いたこの走り書きのせいで、その後数百年にわたって数学者たちは苦しめられてきた———。

 中学生でもわかるくらい簡単な定理なのに、なぜか証明できない。なんと350年もの間、幾人もの数学者がこの定理(正確には、その時点ではまだ定理ではなく予想)に挑んでは、一人の例外もなく敗れ去った。
 オイラー、ソフィー=ジェルマン、コーシー、ラメ、クンマー……。数々の天才数学者が証明に失敗し、「悪魔にすら解けない」とまで言われたフェルマーの最終定理。

 その数学界最大の謎は、どうやって証明されたのか……。

 証明に至るまでの物語は、息もつかせぬほどドラマチック。
 ある数学者はフェルマーの最終定理のために自殺をやめ、ある数学者の死が証明を助けた。ある数学者は命を賭けた決闘の前日に偉大なる証明を書き残し、ある数学者は証明のために世間から隔絶された生活を送った。

 注目すべきは、証明は一人の天才のひらめきによってなされたのではなく、20世紀の数学を結集してなされたのだということ。
 数学に興味を持たない人はいても、この人間ドラマに感動を覚えない人はいないのではなかろうか。

 とにかく数学は美しい。その美しさの一端に触れられる本書は、文句無しのすぐれたエンターテインメント。
 ほんの少しでも数学のおもしろさを知っている人なら、ぜひ読むべき。
 中学校でこの本を教科書にしたらいい。




(覚え書き)

・科学理論は「合理的な疑問のすべてに答えられる」だけの証拠があれば正しいとされるが、数学は実験とは無縁の絶対的に正しい論理の上に築かれる。誤りやすい観測とは無縁。

・エウクレイデス(ユークリッド)が紀元前300年頃に記した『原論』は、その後2000年にわたって数学の教科書でありつづけた。

・すべての定理は、7つの公理を則って証明することができる。

・オイラーは、x^4 + y^4 + z^4 = w^4 を満たす自然数解がないと予想したが、200年経ってから
x=2682440、y=15365639、z=18796760、w=20615673 という解が存在することがわかった。
いくつ実際に試してみても、無限に証明できるわけではない。

・1億までのすべての偶数は2つの素数の和で表すことができるが、それがすべての偶数について成り立つということはいまだに証明されていない。
[PR]



by uso8000000 | 2009-07-21 19:44 | 本の周辺

三段論法

「生き物をモノ扱いしてはいけません」

「物を大切にしましょう」

 ゆえに

「生き物を大切にしてはいけません」
[PR]



by uso8000000 | 2009-07-17 20:46 | ネタ

脳のはたらき

“古代エジプトでは、脳は鼻水をつくるためだけの器官だと考えられていた。だからミイラをつくるときには、脳は捨てられていた。”


 古代エジプト人ってばかよね。サクラ子は失笑した。
 あんなに大事な脳を捨てていたなんて。それも鼻水をつくるためだけの器官だなんて。

 きまぐれで手にとった『図解 ミイラの作り方(新版)』から得た知識を、サクラ子は誰かに披露せずにはいられなかった。
 手はじめに、カオル子に教えてあげることにした。

「ねえ知ってる? 古代エジプトでは、脳みそは鼻水をつくるためだけの器官って思われてたんだって」

 ところがカオル子の反応は、サクラ子の予期していたものとは異なるものだった。

  「へえ。さすが古代エジプト人よねえ。そんなに昔からわかっていたんだあ」

「へ? さすが?」

  「古代エジプト人って、すごい測量の技術持ってたんでしょ? やっぱり文明が進んでたのよねえ。そんなに昔から脳のはたらきを正確に理解していただなんて」

 正確に理解? 鼻水製造器が?
 ふざけているのかと思ったが、カオル子の顔はいたって大まじめだ。そもそもそんな意味のない冗談を言うタイプではない。

「脳ってものごとを考えるところでしょ」

  「ちょっとやだあ。サクラ子、こどもじゃないんだから」

「えっ。あたしなんかおかしなこと言った?」

  「なに大ぼけかましてんのよ。何かを考えるのは心でしょ。こ、こ、ろ」

 カオル子は自分の胸のあたりをこぶしで叩いてみせた。カオル子があんまりにも自信たっぷりに言うものだから、サクラ子のほうが自信を失いつつあった。
 いやいや。あわてて思いなおした。心があるのは脳、脳があるのは頭。まちがいない。こどもだって知っている。おかしなことを言っているのはカオル子のほうだ。

「うそよ。あたしたちは脳で考えているのよ」

  「だからそれは迷信なんだってば」

「そんなことない。脳は鼻水をつくる器官なんかじゃない」

  「だったら鼻水はどこでつくるっていうの?」

「えっ……」

 答えられなかった。考えたこともなかった。
 鼻の中? いやいや、もっと奥から来ている。鼻の奥はどこに通じているの? 脳? まさか。
 鼻水はどこから来ているの? 鼻水はなぜとめどなくあふれるの? 教えておじいさん。教えて。

  「どこでつくられてるのよ」

「わかんない。わかんないけど、脳じゃない。脳のあたりだけど、でも脳じゃない」

  「なによそれ」

「わかんない。わかんないよ。でも、ちがうのよぉ」

  「サクラ子だって経験あるでしょ。風邪ひいて熱があるとき、鼻水がどんどん流れてくるの。あれは熱で脳がとけて、鼻からあふれだしているからでしょ」

 カオル子の言うことには説得力があった。カオル子がまちがっているのはわかっている。でも反論することができない。悔しかった。

  「ちょっとサクラ子。泣くことないじゃない」

 自分でも気がつかないままに涙があふれていた。泣き止まなきゃと思うのだが、そう思うほどどんどん涙と鼻水が止まらなかった。
 カオル子は何も言わずにポケットからハンカチを取り出して、サクラ子の鼻から出てきた脳みそをそっと拭いてくれた。
[PR]



by uso8000000 | 2009-07-15 20:50 | ネタ

“夏”という名の宝物

「俺に選手宣誓なんてできるのだろうか。スポーツマンシップにのっとるとかいうけど、はたして俺にスポーツマンシップがあるんだろうか。俺は、何かというと楽なほうに逃げてしまうし、相手の失敗を願ったりもするし、ばれないなら反則をしたっていいとさえ思っている。そんな俺がスポーツマンシップを口にするなんておこがましいんじゃないだろうか……」

 一番くじをひいてしまったせいで地方大会開会式の選手宣誓をすることになった、主将でファーストの赤谷がつぶやいた。彼はプレッシャーに押しつぶされそうになって、いつもより小さく見えた。

「考えすぎなんだよ」レフトの黒田が言った。「おまえはいっつも考えすぎなんだ。こないだだって2にするか3にするか迷って、さんざん悩んだあげくに結局1を選んで、でもふたを開けてみたら2だっただろ。そういうもんなんだよ。直感を信じなきゃ」

 黒田の話は、たとえが断片的すぎてなんのことだかさっぱりわからなかったが、それなりに説得力があった。

「いや、赤谷の気持ち、俺にもわかるなあ」

 話に入ってきたのは、ファーストの青木だった。

「やっぱり緊張するもの。言いまちがえたらどうしようとか、何を言うか忘れたらどうしようとか、あれこれ考えちゃうんだよなあ。でも案ずるより産むが易しって言うしさ。やってみたらけっこううまくいくもんなんだよ」

 青木にしては、なかなかいいアドバイスだった。だが、スポーツマンシップの有無について悩む赤谷の言いたいことは、明らかに青木には伝わっていなかった。

 なんて他人の言うことを聞かないやつなんだ、とレフトの白柳以外の全員が思った。レフトの白柳もまた、赤谷が緊張するから宣誓をしたがらないのだと思っていた。

 黒田や青木が赤谷の悩みについてあれこれと意見を交わす中、ファーストの黄島はべつのことを考えていた。ファーストが5人、レフトが4人。そんな偏ったメンバーしかいないこのチームが、はたして甲子園に行くことができるのだろうか、と。
[PR]



by uso8000000 | 2009-07-14 19:30 | ネタ

ガンダム < クレーン車

 仕事で東京に行ったので、ついでにフジテレビとレインボーブリッジと六本木ヒルズと東京タワーと早稲田大学とアルタと上野動物園と西郷隆盛像とアメ横とメイド喫茶と神田古書店街を見てきました(1泊2日なのに観光しすぎ)。おのぼりさん丸出しですみません。


 今だけしか見られないとのことなので、実寸大ガンダムも見てきました。
e0025267_2082281.jpg

 僕はガンダム世代なのですが、ガンダムにはまったく興味がありません。
 ガンダムに関して持っている知識といえば

・主人公は天パーのアムロ
・ガンダムの操縦はアムロにもできる
・アムロは二度もぶたれる
・ジオン軍がいる(たぶんアムロの敵)
・シャアがいる。シャア専用の何かを持っている
・赤い三連星と呼ばれる何かがある
・シャアは昔は悪い奴ではなかった(ダースベイダーとごっちゃになってるかも?)
・ダブルオーとターンAとシードとシードディスティニーがある(ここは自信がある)
・ガンダムファンに言わせると、ガンダムはロボットではなくモビルスーツ

ってことぐらいです。

 そんな僕ですから、実寸大ガンダムを見てもとりたててどうという感想もありませんでした。
 はじめに見た感想は「ちっちゃっ!」でした。

 ガンダムというのは、ウルトラマンやゴジラくらいのサイズかと思ってました。東京ドームを踏みつぶしたり東京タワーを脚の先で蹴り倒すぐらいかと。
 それぐらいのでかいロボット、あっ違ったモビルスーツかと思ってたので18メートルのガンダムを見ても「意外とちっちゃいな」としか思えませんでした。

 クレーン車の長いやつで50〜100メートルですから、ガンダムの18メートルってのはそんなに目を見張る高さじゃないですよね。その分リアリティがあるとも言えますが。

 しかし18メートルだったら、宇宙に出て活動したらケシツブぐらいにしか見えないだろうなあ。




 なんかガンダムファンから猛クレームをくらいそうな記事ですね。
 先に謝っときます。ごめんなさい。
[PR]



by uso8000000 | 2009-07-12 20:25 | 日記

池田の猪買い

 大阪府池田市に行ってきました。

 池田といえば、チキンラーメン発祥の地。
e0025267_17331262.jpg

 インスタントラーメン発明記念館に行ってまいりました。
 日清食品が作った施設で、入場料無料。
e0025267_17333361.jpg

 チキンラーメン発明の父、安藤百福氏の像です。
 カップヌードルの上に乗れるくらいだから、わりと小柄な人だったんですね。体は小さくても業績は大きいです。

e0025267_17334177.jpg

 中には日清のカップ麺がずらり。

e0025267_17335223.jpg

 スケルトンカップヌードル。おもしろいけどおいしくなさそう。

e0025267_17341158.jpg

e0025267_17342087.jpg

 ざるそば、お茶漬けラーメン、スパゲニー、田舎そば……。
 迷走していた時期もあったようです。

e0025267_17342632.jpg

 初恋タッチにタコヤキラーメン。
 百福さん、どうかしていたんでしょうか。

e0025267_17343258.jpg

 人目をはばかりながらチキンラーメンをこっそり買い物かごに忍ばせる主婦の像。(※万引きは犯罪です)
 後ろには「チキンラーメン 100円→81円」の文字。値段がほとんど変わっていないのはすごいですね。

e0025267_17343997.jpg

 アンモナイトや三葉虫にまじって発掘されたカップヌードル。
 意外と古くからあるんですね。
 何億年たってもぜんぜん劣化していないってのはすごいですよね。さすが、日本が世界に誇る保存食です。


 チキンラーメンやカップヌードルの製造工程を見たり、実際に作ってみることもできます。
 スープや具材を選び、パッケージにイラストを描く。世界に一つ、自分だけのインスタントラーメンです。

e0025267_17344680.jpg

 僕も作ってみました。カップニードル(NeeDLE)。
 中に針が入っています。気をつけて食べましょう。

 係のおにいさんが「季節限定でナスを入れられるんですけど、子どもにはぜんぜん人気がありません」と言っていたので、ナスラーメンを作ってみました。
e0025267_1734536.jpg

「人気なッすィング」にすれば良かったと後から反省。

e0025267_17345914.jpg

 星二つ半のお味。
 日付を間違えてしまいました。今流行りの製造日偽装。

 麺をパッケージングしてくれるおにいさんがこのカップを見て噴き出してくれました。
 ありがとう。優しいね。

 できたカップラーメンはお土産として持って帰ることができます。

 テイスティングコーナーもあり、九州限定発売のラーメンや新製品を食べることもできます。

 日清では、年間400億食ものインスタントラーメンを作ってるんだとか。
 単純に計算して、1人当たり年間6食。
 日清だけでこの数字です。
 日本人の僕でも、年間10食ぐらいしか食べません。世界の人口の半分以上は0食だろうから、食べる人はいったいどれだけ食べてるんだ。安藤百福氏は400食ぐらい食べてたんだろうな。

 楽しい施設でした。


 池田駅の近くにあった椅子。
e0025267_1735616.jpg

 このハートにお尻がぴったり合うように座れってことでしょうね。
[PR]



by uso8000000 | 2009-07-04 17:40 | 日記

史上3度目! 類人猿による大喜利トーナメント開催

ネット大喜利界最大規模(たぶん)の大喜利の大会

ついにやるらしいです。

いよっ、待ってました!

しかし4年ぶりなんですねえ。
月並みな言い方だけど、月日の経つのはケセラセラだよねえ。


4年も待たせやがって……(赤木と三井のコンビプレーを見た小暮の心境で)。
[PR]



by uso8000000 | 2009-07-02 05:05 | 大喜利

移転しました。新しいブログはこちら http://dogdogfactory.blogspot.jp/
by uso8000000
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログリンク

USO-800大喜利
トップページです。

大喜利カレンダー
べとんさん運営の、大喜利やる人には欠かせないカレンダー

まるで銃弾浴びてるかのよう
短歌

三人一句
昔やってた遊び



ジャックハマー
ミニゴバさんの文士ブログ
眼球の裏窓
眼球支点さんの対話式ブログ
大友・ごむの「なりきりアンドロイド」
大友ヒップホップさんの激辛ブログ
まち子よ
フードさんのドギツイブログ
ひぐまの左手
ニッポニアさん・なゆらさんのひょっとこキャンバス
菜果牛乳3
To菜果さんの爆弾ブログ
なんとなく
あいつさんのハレンチブログ
あんにゅい三昧
あんにゅい竹さんの皆勤ブログ
土砂降りの脂の中で僕ら
えこなさんの痛快ブログ
忍者ムラサキのおしゃべりデート
忍者ムラサキさんのおしゃべりブログ
暴投戦士(笑)
暴投戦士(株)さんのしっかり者ブログ
さんえいち(戒)
雨乞い番長さんの番長ブログ
リッスン・トゥー・ハー
なゆらさんの名文ブログ
いわし13号
いわしさんの大衆魚日記
今夜は金玉について語ろうか
たかさんの変態ブログ
☆一瞬の輝き
kanon560さんの追想ブログ
サムライチョップはパンチ力
サムライチョップさんのアニメ化ブログ
塩で揉む
しりこだまさんの汚れブログ
はた織り鶴の一撃
ガス電池さんのハイセンスブログ
ヒメジャノメートル
ラマオさんの滅裂ブログ
Kera-ma-go
んじょもさんの暗黒青春ブログ
本多おさむの「入りやすい穴、探してます」
穴さんの入りやすいブログ
all or Nothing radio Show
22世紀からきましたさんの22世紀からきましたブログ
七分袖モダンガール
カシスさんのアナクロニズムブログ
孤立無援の刺草
SANATOさんの寸鉄人を刺すブログ
小指をつないで
お米さんのよく噛んで読めブログ




【管理人プロフィール】
スーパー真心 20代 兵庫県在住

検索

最新の記事

移転のお知らせ
at 2015-06-04 00:18
海を渡れ
at 2013-03-29 21:37
海洋堂フィギュアミュージアム
at 2013-02-24 23:49
仮説
at 2012-11-15 21:37
つげぐち
at 2012-10-20 21:58

ファン

ブログジャンル

画像一覧