大人は楽しい

<   2008年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧




自動販売機の歴史

 自動販売機の歴史は意外に古く、紀元前三〇〇〇年頃には既に存在していたという記録が残っている。
 ただしそれは今のようにコインを入れるとランプが点灯し、ボタンを押すと取り出し口から商品が出てくる、といった自動販売機とは若干異なる。
 当時の自動販売機には硬貨投入口はなく、言うまでもないが紙幣投入口もなく、ボタンもなく、ランプもなく、取り出し口もなく、商品もなかった。つまり、当時の自動販売機は今のように実体を伴ったものではなく、あくまで概念としての「自動販売機」でしかなかったのである。

 当時の人類は、他人との接触を持つことなく自らの希求する物質を手に入れる装置(彼らがどのような形を描いていたかは不明である)を想起した。
 なぜなら、彼らは人との関わりあいに倦み、退屈し、さらには幻滅していたからである。
 現代ほど人間関係が希薄な時代はないとよく言われるが、筆者に言わせればこれは大きな間違いである。その理由については拙著『英検準2級 完全予想問題集(2004年版)』に詳しいので、そちらを参照されたい。

 とにかく人類が五千年前から待ち望んでいた自動販売機であるが、その出現にはそれから数千年を待たねばならなかった。
 単なる概念ではない、まったく新しい販売機が誕生したのは十八世紀後半のフランスにおいてである。
 そこで売られていたものは、現在のようにコカ・コーラやサントリーやキリンの飲料水ではなく、ましてやアサヒや大塚製薬でもなく、いわんやダイドードリンコでもない(あえて言うならJTでもない)。

 当時のフランスではルソーやヴォルテールが唱えた社会契約説が国民の間に広がっており、アンシャン・レジームに対する反感が高まっていた。それを消費行動へと昇華させ、革命後の社会体制へとスムーズに移行する上で重要な役割を果たしたのが自動販売機であった。
 だとすれば当然自動販売機1号機が扱っていたものは革命権に他ならない。人間の基本的権利としての革命権が自動販売機で売られていたこと、これこそがルソーのもたらした啓蒙思想の鮮やかな帰結なのである。
 注意しなければならないのは、ここでの「自動販売機」というのは比喩的な表現であり、当然のことながら現実に革命権を自動販売機で売っていたわけではない。


 じゃあ本当の世界最初の自動販売機はいつできたんだということになるが、それについてはWikipediaに詳しいので、そちらを参照されたし。
[PR]



by uso8000000 | 2008-11-28 19:56 | ネタ

まちがってる人が言う台詞

「博士!」

  「どうした」

「なんなんですか。この改造は」

  「何が不満か」

「何が不満って言われたら、全部不満ですよ。これはひどすぎますよ」

  「おまえが怪人たちを倒せるように、ずいぶん強くしてやったつもりだったんだが。まだ足りないか」

「その逆ですよ。強すぎるんです」

  「強すぎる? けっこうなことじゃないか。おまえは正義のヒーロー・アルティメットマンなんだから」

「だめですよ。もう一撃ですよ一撃。怪人を一発殴ったら、あいつあっさり死んじゃいましたからね」

  「人類を滅ぼしにきた悪いやつなんだからそれくらいのことはしてもいいだろう」

「見てるほうはそうは思わないんですよ。しかも怪人の死因は内臓破裂ですからね。リアルすぎますよ」

  「しょうがないだろ。リアルな戦いなんだから」

「いいですか。はじめはこっちがややリード、その後怪人が汚い手を使ってきて形勢逆転、ピンチに陥ったヒーローが必殺技で怪人を倒す。傷ついた怪人は『おぼえてろよ』みたいな捨て台詞を残して地球を去る。みんなはこれくらいの戦いを期待してるんです。求められているのはショーとしての戦いです。それが一撃必殺じゃあ……」

  「おまえが手加減して殴れば済む話だろう」

「だめですよ、八百長は。最近はそういうのすぐにばれるんですよ。週刊誌とかうるさいんですから」

  「そういうもんかねえ」

「そうですよ。何でプロレスが衰退したのかわかってますか? 今の視聴者は真剣勝負を見たいんですよ。だからガチンコを売りにしているKー1とかPRIDEとかのほうに行っちゃったわけです。そもそも格闘技ってのは……」

  「わかったわかった。まったくおまえは格闘技について語りだすと長いからなあ」

「僕は自分と博士のためを思って言ってるんです」

  「しかし殴る蹴るだけが戦いではあるまい。知恵を使って勝てば、人々の賞賛を得られるだろう。ほら、おまえには敵の動きを封じ込める技があるだろう」

「あれですか。アルティメットウェブ」

  「そうそう。それ」

「あれはだめですよ」

  「どうして」

「口からねばねばの糸を出して相手を絡めとるって技でしょう。イメージ悪いですよ。それ、怪人クモ星人あたりが使いそうな技じゃないですか」

  「クモはお尻から糸を出すんだがなあ」

「どうでもいいですよ、そこは」

  「じゃあ飛び道具を使えばいい。見た目も派手でいいぞ」

「あれですか。アルティメットガン」

  「そうそう。それ」

「あれはもっとまずいですよ。皮膚を溶かす猛毒を発射する銃でしょ。えげつなさすぎるでしょ。どう考えても悪者の武器ですよ」

  「そうかなあ。効果は抜群なんだが」

「だからこそ余計に、なんですよ。あれを使ったとき、それまで憧れと尊敬の眼差しで僕を見ていた子どもたちの目が、アンチ巨人ファンが巨人の大型補強を見るときのそれに変わりましたからね」

  「博士野球見ないからわかんない」

「とにかく、このままじゃこっちが悪者になっちゃいますよ。正義のヒーローなんだからもっとイメージを良くしてもらわないと!」

  「それだったら大丈夫。おまえが正義のヒーローだということをアピールするための歌を作ったから。これを歌えばいい」

「博士、研究もしないで何やってるんですか」

  「こう見えても若い頃はバンドとかやってたんだぞ」

「なんか努力の方向がまちがってるような……。まあとにかく聴かせてもらいますよ。僕が正義、怪人が悪だということを印象づけるような歌ですね」

  「そう。歌いだしはこうだ。『俺は正しい〜♪ 俺は断じてまちがっちゃいない〜♪』」

「まちがってる人が言う台詞じゃないですか!!」
[PR]



by uso8000000 | 2008-11-24 06:31 | ネタ

年内離婚計画10 〜年内に離婚させません〜

むーちー、敗れました……。


宿敵「8月28日に結婚します」との対戦。
僕らの中では決勝戦という気持ちで臨んだ戦いでした。

元からいる5人は因縁の相手との決戦に燃え(因縁があるのはえこなさんだけ)、新メンバーのモチヅさん、花泥棒さんも見事に結果を残してくれました。
が、惜しくもあと一歩及ばず。
途中まで勝っていただけに悔しさもひとしおです。


きずくさんの愛の力に負けたといってもいいでしょうね。

離婚させようという我々のネガティブな気持ちが、結婚生活を維持して無料でやれる女をキープしておきたいというきずくさんの前に破れたのです(きずくさん、ほんまごめんなさい)。


そんなわけで、年内に離婚(解散)するのは我々のほうです。

えこなさん、雨乞い番長さん、いわしさん、ジョン・ムケさん、モチヅ250さん、花泥棒さん。みなさんのおかげでこの大会を楽しむことができました。

ありがとうございました。


そしてきずくさん。
お幸せに!
[PR]



by uso8000000 | 2008-11-21 19:45 | 大喜利

俺の力学

上司が掃除機を使っていたら、ペットボトルの蓋がノズルに詰まってとりだせなくなった。
くの字型に曲がっているところに詰まったので、棒でつっつくことができない。

「どうしてこの掃除機メーカーは、ペットボトルの蓋みたいな日常的によくあるものの直径とノズルの内径を同じにするんだ!」
と怒っている。

棒をつっこんで悪戦苦闘している上司を見て笑っていたら、「真心くんも笑ってないで蓋をとる方法を考えろ!」とこちらにも火が飛んできた。



僕「水を勢いよく流し込んだらどうですか」

  上司「絶対水浸しになるから嫌だ」

僕「もうひとつ蓋を入れてそれを勢いよく押したら、空気銃の要領で先に詰まってた蓋がとれると思います」

  上司「後から入れたほうの蓋が詰まるじゃないか」

僕「ノズルを温めたら膨張してとりやすくなるんじゃないでしょうか」

  上司「蓋も膨張するから一緒だろ」

僕「中に磁石を入れて、反対側から超強力な磁石で引っぱったらどうですか」

  上司「そんな強力な磁石どこにあるんだよ」

僕「中に爆竹を入れて、火をつけてノズルの口をふさいだら、爆発の衝撃で蓋が飛び出すと思います」

  上司「危ないから無理」

僕「こっち向きに電流を流して、こっち向きに磁力をはたらかせたら、フレミングの左手の法則で力がかかって蓋がとれるはず」

  上司「俺がわからんと思って適当なこと言ってるだろ」

僕「ノズルを密封して富士山の山頂に持って行ったら膨れるんじゃないでしょうか」

  上司「じゃあおまえ持って行けよ」

僕「ノズルを切って蓋を取り出して、すぐにつなぐんです。素早くやればまだノズルの細胞組織が生きてるから、前と同じようにつながるはず」

  上司「ブラック・ジャックでも無理」

僕「ノズルの中に向かって大きな声で叫んだら、声の力で蓋が飛び出すはず」

  上司「どんだけでかい声やねん」

僕「息を吹き込むだけでもいいんですよ。ひっひっふーで」

  上司「ラマーズ法やないか」

僕「ノズルの外側でみんなで楽しそうに踊ってたら、天照大御神みたいに外の様子が気になって出てきますよ」

  上司「真心くんに相談した俺がばかだったよ……」



いや、途中までは真面目に考えてたんですよ。僕も。
[PR]



by uso8000000 | 2008-11-19 19:37 | ネタ

むーちー 3回戦

むーちー地区決勝。
4点つけたボケ。

【お題】店長 「今日はお客さんに来てほしくないなぁ・・・」
   なんで?

・蛯さん
お客さんっていうか井上さん
でも一応井上さんに気を遣ってあげてるのがいい

・たかさん
これ以上お辞儀したら折れる
こっちの店長もいい人だ


【お題】徳川家康 「いや〜、___」

・冷凍食品さん
徳川家康 「いや〜、そうなったら帰って田舎で小さな幕府でも開きますよ」
引退後は小さなお店を

・冷凍食品さん
徳川家康 「いや〜、ここが関ヶ原か〜!ちょっと入ってみよう、ウィーン!」
コントはじめるな


【お題】この画像を見て何か一言どうぞ。
e0025267_1842752.jpg
・冷凍食品さん
着信履歴
1 10/30(木) 04:46
  0482828733

2 10/30(木) 04:45
  0482828733

3 10/30(木) 04:45
  0482828733

4 10/30(木) 04:45
  0482828733

5 10/30(木) 04:45
  0482828733

6 10/30(木) 04:45
  0482828733

7 10/30(木) 04:44
  0482828733

8 10/30(木) 04:44
  0482828733

9 10/30(木) 04:44
  0482828733

10 10/30(木) 04:44
  0482828733

絶対ろくな用件じゃない

・冷凍食品さん
Googleのストリートビューで見るとなぜか「豪快」の部分にだけモザイクがかかる
電話番号に入れろw
しかし僕はどれだけ冷凍さん好きなんだ


・みょくみょくさん
「看板見たよ」で生ビール1杯無料
気前よすぎ


【お題】一本一本、木を見て回っている理由を教えてください。

・デカ丸さん
一本目でいきなり言われた
もう少し泳がせてから言わないと

・実りの秋さん
これとか見てごらんなさい、不法に植えられた木はやっぱり曲がって育つんです
勝手なこと言うなw


【お題】この画像を見て何か一言どうぞ。
e0025267_4364136.jpg

・吉兆さん
震度4 3人中2人が立っていられないレベル
そんな基準ない

・抱きしめたトゥナイトさん
三味線の説明の説明の説明
笑った。
これが16位なのが納得いかない



【お題】選手交代枠は3人までなのに、なんで試合開始早々に3人交代したんですか?

・ペニさん
2人はつきそい
小4女子か


【お題】この画像を見て何か一言どうぞ。
e0025267_1821952.jpg
・ヘレンケラーさん
ちわー、聖教新聞ですー
絶対とってくれないよ


【お題】味方のミスが原因でチームが負けてしまったとき、ミスした選手にはどう接します?

・アルさん
家と反対側に蹴る
そんなに飛ばない

・マサムネ(今中)さん
そいつのあみだくじだけ直線になる
『天国と地獄』歌わせてあげて


【お題】先祖代々____

・マサムネ(今中)さん
先祖代々付き合ってくれて サンキュ
先祖代々決戦は金曜日

・マサムネ(今中)さん
先祖代々ノーヒットピッチングが続きますが、未だ0対0!
子孫にはバッティングも教えてやれ


【お題】この画像を見て何か一言どうぞ。
e0025267_1934183.jpg
・アンクシャスさん
一人だけ中途採用なので今月はまだ給料出ない
新入社員は6月のボーナスもらえないんだよね


【お題】なんでも有りな感じの優勝時のビールかけで、本気でケンカしてた理由を教えてください。

・マジックミラー号さん
寝たきりの母が特別ゲストとして担ぎこまれた
喜ぶと思って……

・恥知らずな金玉さん
みんなのケータイ預かってるやつがすごい濡れてる
こういうことあるねw


【お題】この画像を見て何か一言どうぞ。
e0025267_19125363.jpg
・蛇糞さん
剥がしたら後ろの忍者が必死に同じ顔してる
おもしろいなあ


【お題】この画像を見て何か一言どうぞ。
e0025267_512389.jpg

・ローテンションさん
博士の「でもね」を聞かないまま飛び立った
いいおっちょこちょい



 自分のとこの対戦
〔4点つけたかったボケ〕

【お題】ピンチのところを助けてあげたら
「よ、余計なことをするな!助けてくれって頼んでないだろ!」
って言われちゃいました。 さて、どうしましょう?

・名称未設定さん
医者「大丈夫です。助かりません」
このお題でさんざん考えた末にこのボケ見ると、ああこんなシンプルでいいボケがあったのかと思う。

・ジョン・ムケさん
介護士 「せめてオムツだけでも・・・」
なんでこれが上位じゃないのかがわからない。


【お題】キャーかわいい〜!ハート____!

・YATARAダンサブルさん
キャーかわいい〜!ハートフルうんこ!でおなじみ、えこなでーす!もりもり会(http://morimoriunko.blog60.fc2.com/)をよろしくお願いしまーす!
もりもり会にコメントしてた「たっつん」は僕です。

・名称未設定さん
キャーかわいい〜!ハートの部分が特に強い毒をもってる〜!マジ致命傷〜!
何がかわいいんだ


・名称未設定さん
キャーかわいい〜!ハート型がかわいい〜!素材のもつ風味も損なわれてない〜!腕をあげたな士郎〜!
海原先生どないしはったんや(京極)


【お題】この画像を見て何か一言どうぞ。
e0025267_19281493.jpg
・YATARAダンサブルさん
「父さん、ガンなんだ」
「聞こえない」
「もう長くないんだ」
「聞こえないよ、父さん」

泣ける

・スーパー真心の没ネタ
 そこのイス(ベルス地区)
フライ前 雑貨なの でかいチョッキ 藤圭子(+宇多田ヒカル)

あのチーム、4人なのにすごいなあ
誰なんだろ

[PR]



by uso8000000 | 2008-11-18 20:30 | 大喜利

3分でわかる三国志

「三国志」をぜんぜん読んだことのない僕が、断片的な知識だけで三国志のストーリーを説明してみます。
(若干事実と異なる部分があります)




今からおよそ四千年前、中国では、〔ギ〕、〔呉〕、〔蜀〕という三つの国が争っていた。
主人公は〔諸かつ孔明〕。
孔明は羽生名人並みに頭が良かったので、〔科挙〕に合格して、貧しい農家の生まれながらも呉の参謀として採り入れられた。
しかし呉は地方の小国。隣には蜀という大国があり、常に呉を脅かしていた(インドでいうところの〔シャカ族〕と〔コーサラ国〕の関係)。

呉の王様である〔そうそう〕が蜀の王である〔劉ほう〕に頭を下げなかったことが原因で、ついに戦争が勃発。これが〔李下に冠を正さず〕事件である。
はじめは10万人の兵を擁する蜀が、わずか3千の兵しかいない呉を圧倒していたが、孔明が掘っていた落とし穴に次々とはまり、形勢逆転。
さらに〔孔明東南の風を呼び〕、蜀の射った矢はすべて自分のほうに返ってくる。蜀の兵は孔明の策の前に全滅したのであった。
これが〔赤壁の戦い〕である。

この戦いのおかげで一躍有名になった呉と孔明。
中国一の大国であったギの王・〔関羽〕は呉を警戒し、孔明に対して競馬での勝負を持ちかける。
互いの領地を賭けた真剣勝負。
関羽は伝説の名馬・〔赤兎馬〕で勝負をかける。一方の孔明は謎の老人・〔塞翁〕の馬で出走。
しかし赤兎馬はやはり孔明の掘った落とし穴にはまり、骨折。見事孔明が勝利を収めたのであった。
これが世に言う〔人間万事塞翁が馬〕である。

だが、負けた関羽は領地を明け渡すという約束を撤回。孔明からは「〔朝令暮改〕だ」と強く非難される。
これにより両国の関係は悪化。
孔明の信頼していた部下である〔馬しょく〕が内部情報をギに漏らしていたことを知った孔明は、〔泣いて馬しょくを斬る〕のであった。

怒りの収まらない孔明は、ついにギに宣戦布告。
だが、呉の兵は3千人なのに対し、ギの兵は53万。圧倒的に不利な戦いであった。
さらに〔楚〕などの周辺諸国もギの味方についたため、呉は〔四面楚歌〕状態になり、〔背水の陣〕で戦うことに。
絶体絶命の呉。だが、そこに現れたのは、かつての宿敵・〔越〕の〔りょふ〕が応援にかけつけた! ライバルの〔りょふ〕と力を合わせて〔呉越同舟〕で戦う孔明。

りょふの加勢のおかげでついに関羽の首をとることに成功した孔明。だが同時に孔明も胸に矢を射られて絶命する。
孔明の甥・〔仲達〕は伯父の死に涙を流し、秘められていた力を解放した。
仲達は〔八面六臂〕の大活躍を見せ、ギの53万の兵を皆殺しにしたのであった。
これが〔死せる孔明、生ける仲達を走らす〕である。
[PR]



by uso8000000 | 2008-11-17 20:10 | ネタ

生物物理学

 高さ50mのビルの屋上からネズミを落下させるとき、ネズミが地面に叩きつけられるのは何秒後か求めよ。
 ただし、ネズミの命の重さは考えないものとする。
[PR]



by uso8000000 | 2008-11-16 01:18 | ネタ

江戸時代の人にラジオパーソナリティという職業を正確に理解してもらうには

「あっ。わたくし、ラジオパーソナリティをやっております」

  「なんだそりゃ」

「つまりですね。ラジオで曲の紹介をして、曲の合間にトークを挟み、リスナーからのお便りを紹介し、交通情報やニュースなんかもお知らせするという仕事ですね」

  「さっぱりわかんねえや」

「ええっと、何から説明すればいいのかな。まず、ラジオというものがあります。これは、遠くにいる人に音を伝えるものです」

  「雷みたいなもんかね」

「いえ。たとえばわたしが京都で話をする。ラジオがあれば、あなたは江戸にいながらにして、わたしの声が聞こえるってわけです」

  「あんた、そんなに大きな声が出せるのかい」

「そうじゃないんです。ええっと、京都の人が手紙を書いて、それを飛脚があなたに届けて、あなたがそれを読むことで京都の様子を知ることができますよね。ラジオってのは、それをもっと速くしたものです」

  「めっぽう足の速い飛脚ってわけかい」

「もう、そう考えてくれてけっこうです。その飛脚は、手紙じゃなくて、声を届けてくれるわけです」

  「なるほど。ことづてを預かってくるってわけだな」

「そういうことです。それがラジオです」

  「おいらなんか文字を知らないから、そんなもんがあると助かるな。誰かに手紙を読んでもらう必要はないからな」

「まあそうですね」

  「ふむふむ。大方呑み込めてきたぞ」

「一割も伝わってないような気がするけどなあ」

  「じゃああんたは足の速い飛脚ってわけだな」

「いえ、そうじゃないんです。足の速い飛脚は別にいるんです。電波という名の」

  「じゃああんたの仕事は?」

「その足の速い飛脚に向かって、わたしが言葉を話すわけです。それを飛脚がみなさんに届けてくれるのです」

  「みなさんってのは誰だい」

「国中にいるたくさんの人です。何千、何万人という人です」

  「こりゃあぶったまげた。あんた、そんなに知り合いがいるのかい」

「いえ。知っている人ではありません。顔も見たことのない人たちです」

  「え!? 会ったこともない人に向けて手紙を出すんですかい?」

「ですから手紙ではないんです。主にお届けするのは歌ですね」

  「ははあ。短歌をしたためて贈るってわけですな」

「いえ。そういう歌ではありません。音楽です」

  「いったいどんな……?」

「洋楽ロックバンドの曲が多いですね。ヴォーカルがいて、ギターがあってベースがいてドラムがあって」

  「おいらにもわかるように説明してくれよ」

「つまり、小唄うたいがいて、三味線があって琴があって太鼓があるわけです」

  「なるほど。つまり芸者衆がそろい踏みってわけですな。そいつはさぞかし賑やかなお座敷でしょうなあ」

「いえ。お座敷というわけでは……。まあでもあながち外れてもいませんね」

  「しかしそれがあんたの仕事というからには、銭っこのほうももらえるわけでしょう。いったい誰があんたにお給金をくれるんですかい」

「スポンサー……、つまり広告主です」

  「広告主ってえと?」

「出資者といいますか……」

  「つまり億万長者の旦那さんかい」

「まあそうともいえますね。わたしたちは、その旦那さんの印象を良くするようなことをしゃべるわけです。旦那様のお店ではこんなすばらしい品物を扱ってますよ、と。それに気を良くした旦那さんが、わたしどもにお金を出してくれるという仕組みです」

  「ははあ。呑み込めてきたぞ。芸者が踊って、あんたがおべんちゃらを使って旦那のご機嫌をとる。それで銭をもらう。つまりあんたのやってるらじおぱあそなりていってのはたいこ持ちだな」

「ああもう……。でもあながち間違ってないのが悔しいなあ…」
[PR]



by uso8000000 | 2008-11-14 20:38 | ネタ

サプライズパーティー

「うわっ。
 何これ?
 え……。誕生日パーティー!?
 俺の?
 ぜんぜんそんな話してなかったじゃない。
 サプライズ?
 うわあ。そりゃあびっくりしたよ」


 うわあ。
 びっくりしたあ。
 そりゃびっくりするよ。
 だって今日、俺の誕生日じゃないもん。

 俺の誕生日、4月1日だもん。
 今日は11月13日でしょ。
 ぜんぜん違うじゃん。
 だいたい4月1日ってけっこう覚えやすいじゃない。エイプリルフールだし。学年で1番遅い生まれだし。
 どこをどうやったら11月13日になるんだよ。


「え? うん。
 いやあまったく気づいてなかったよ。
 ほんとほんと」


 そりゃあ気づくわけないよ。
 なんかこいつらこそこそ打ち合わせしてるなあとは思ってたけど、まさか俺の誕生日パーティーの計画立ててたとは思わないじゃん。5ヶ月も先なんだから。

 まいったなあ。
 もう完全に言い出すタイミング逃しちゃったよ。
 だってこいつらすげえ気合い入れてるもん。
 部屋の飾り付けとかまでしちゃってさ。
 なんだあれ。なんか持ってきた。
 うわわわわ。
 プレゼントだあ。
 やばいやばい。


「え? プレゼント?
 みんなから?
 ほんとに? くれるの?
 あ、ありがとう……」


 あーあ。受け取っちゃった。
 誕生日でもないのに誕生日プレゼントもらっちゃった。
 どうしよっかなあ。
 後でこっそり返そうかな
 でもみんなが「はやくあけろよ」みたいな顔でこっち見てるよ。
 開けないわけにはいかないなあ。
 ええいままよ。


「何だろ……。
 あっ。腕時計……。
 『欲しがってたから』って?
 あっ、うん、そう。そうなんだよ。
 よく覚えてたなあ」


 いや、たしかに新しい腕時計欲しいって言ってたけど……。
 でも先週買ったばっかりなんだよね……。


「ありがとう。
 うん。ちょうど欲しかったんだよ」


 ここではっきり言えないのが俺のだめなところなんだよなあ。
 はっきり言ったら悪いと思って、結果どんどん悪い方向に進んじゃうんだよ。
 腕時計もうひとつもらってもなあ。
 うわあ。みんなさっそく付けてみてよみたいな顔してるよ。
 既に新品の時計つけてるのに。
 しょうがない。ポケットの中でこっそり時計を外して……。


「いいねえ!
 ちょうどこんなの欲しかったんだ!」


 この時計、あんまり趣味に合わないなあ。
 でもせっかくくれたんだしなあ。
 しかもけっこう高そうだし。
 明日からも当分付けていかないとなあ。みんなに「俺たちがプレゼントした時計気に入らなかったのかな」って気を遣わせちゃうなあ。
 せっかく俺が買った時計、しばらく使えないなあ。


「え? 30歳になった感想?
 そんなこと言われてもまだぜんぜん実感が……」


 ええ〜。
 何もないよ。
 だって俺26だもん。
 30になった所感とか言われてもなあ。
 こいつら、俺が30歳になったと思ってるんだ。俺そんなに老けてるのかなあ。

 でも今さら俺が「俺まだ26なんだよね」って言って、急にみんなが「ええ!? ごめんなさい。ほんとにごめん。失礼しました」って平身低頭で謝ったりしたら嫌だなあ。
 日が違うとはいえ誕生日パーティーを開いてもらった上に謝られたりしたら、こっちがいたたまれなくなっちゃうよ。
 しょうがないなあ。これからずっと俺は30ってことにしなきゃならないのか。


「何? まだあるの?
 うわーすごい。
 豪華なケーキ。
 手作り?
 ほんと?
 これ全部一人で作ったの?
 え? みんなで?
 うわー。すげー」


 うわあー。
 俺ケーキだめなんだよね……。
 甘いもの食べたら吐きそうになるんだよなあ……。

 いやいやいいって。
 一番大きいのを俺にとりわけなくたって。
 ほんとほんと。遠慮とかじゃなくて。
 上に乗ってるキウイだけでいいって。
 なんなら本物のスポンジ食うほうがまだマシだよ。


「こんなことまでしてもらっちゃってほんとありがとう。
 俺、甘いものに目が無いんだよね……」


 俺のばかあ。
 どうして素直にケーキ苦手って言えないんだろ。
 ほら。もう一切れプラスされちゃったじゃない。
 持って帰って後で食べるってのは通用しないだろうなあ。
 みんな「一生懸命作ったのよ。お味はどう?」みたいな顔で俺を見てるもんなあ。



 また生クリームたっぷりで……。
 ええいっ。
 おえっ……。
 気持ちわりぃ。


「うっ……。
 いや、その……。
 感極まっちゃって、ケーキがのどを通らないんだよ」
[PR]



by uso8000000 | 2008-11-13 19:45 | ネタ

お買い物リスト

最近Amazonで買ったもの


(CD)
 曽我部恵一バンド「トキメキLIVE!」「キラキラ!」


なゆらさんが褒めていたので。
いいね。友人から曽我部恵一バンドのライブに行かないかと誘われたけど、仕事があったので泣く泣く断った。


(CD)
 Spaghetti Vabune!
「GUITAR POP GRAND PRIX」「summer vacation,sunset vehicle-plus-」


ラマオさんが褒めていたので。
こういうちょっと古くさいギターポップ好きです。
The Automaticsとか。


(本)
 「ダーウィンが来た! 生き物新伝説2—闘い、生き残るための作戦」


NHKの番組はおもしろい。でも本はイマイチ。


(DVD)
 みうらじゅん&いとうせいこう「ザ・スライドショー コンプリートボックス」


武道館でスライド映写機を使ってトークショー。ばかすぎる。企画も内容も。


(コミック)
 宇仁田 ゆみ「うさぎドロップ (1) 」


 30男が子育てをするお話。
 入荷してきた本をぱらぱらめくっておもしろかったので。
 こういう出会いがあるのは書店員の特権よね。


(CD)
 Chocolat&Akito「Chocolat&Akito」


 たかさんが褒めていたので(Chocolat&Akitoのイメージをぶち壊しかねない記事だったのでリンクは貼りません)。
 雨の日に聴きたいアルバム。


(本)
 みうらじゅん&伊集院光「D.T.」


「童貞じゃないけど童貞の心をもった人」をひたすら讃える対談集。
おもしれえ。笑った。


(CD)
 SINGER SONGER「ばらいろポップ」


 Coccoとかくるりの岸田さんとかのユニット。
 こんなのやってたのか。知らなかった。


(DVD)
 「やっぱり猫が好き 7枚BOX(第7巻~第13巻)」


 ガス電池さんが褒めていたので。まだ観ていない。楽しみ。



 いろんな人に後押しされて買ってます。ご紹介ありがとう。

 影響されやすいなあ。
 いつだったか花泥棒さんが「いちばんウェブに期待しているのは興味分野の補完」って書いていたんですが、いやあまったくその通り。
[PR]



by uso8000000 | 2008-11-09 19:52 | 日記

移転しました。新しいブログはこちら http://dogdogfactory.blogspot.jp/
by uso8000000
プロフィールを見る
画像一覧

ブログリンク

USO-800大喜利
トップページです。

大喜利カレンダー
べとんさん運営の、大喜利やる人には欠かせないカレンダー

まるで銃弾浴びてるかのよう
短歌

三人一句
昔やってた遊び



ジャックハマー
ミニゴバさんの文士ブログ
眼球の裏窓
眼球支点さんの対話式ブログ
大友・ごむの「なりきりアンドロイド」
大友ヒップホップさんの激辛ブログ
まち子よ
フードさんのドギツイブログ
ひぐまの左手
ニッポニアさん・なゆらさんのひょっとこキャンバス
菜果牛乳3
To菜果さんの爆弾ブログ
なんとなく
あいつさんのハレンチブログ
あんにゅい三昧
あんにゅい竹さんの皆勤ブログ
土砂降りの脂の中で僕ら
えこなさんの痛快ブログ
忍者ムラサキのおしゃべりデート
忍者ムラサキさんのおしゃべりブログ
暴投戦士(笑)
暴投戦士(株)さんのしっかり者ブログ
さんえいち(戒)
雨乞い番長さんの番長ブログ
リッスン・トゥー・ハー
なゆらさんの名文ブログ
いわし13号
いわしさんの大衆魚日記
今夜は金玉について語ろうか
たかさんの変態ブログ
☆一瞬の輝き
kanon560さんの追想ブログ
サムライチョップはパンチ力
サムライチョップさんのアニメ化ブログ
塩で揉む
しりこだまさんの汚れブログ
はた織り鶴の一撃
ガス電池さんのハイセンスブログ
ヒメジャノメートル
ラマオさんの滅裂ブログ
Kera-ma-go
んじょもさんの暗黒青春ブログ
本多おさむの「入りやすい穴、探してます」
穴さんの入りやすいブログ
all or Nothing radio Show
22世紀からきましたさんの22世紀からきましたブログ
七分袖モダンガール
カシスさんのアナクロニズムブログ
孤立無援の刺草
SANATOさんの寸鉄人を刺すブログ
小指をつないで
お米さんのよく噛んで読めブログ




【管理人プロフィール】
スーパー真心 20代 兵庫県在住

検索

最新の記事

移転のお知らせ
at 2015-06-04 00:18
海を渡れ
at 2013-03-29 21:37
海洋堂フィギュアミュージアム
at 2013-02-24 23:49
仮説
at 2012-11-15 21:37
つげぐち
at 2012-10-20 21:58

ファン

ブログジャンル

画像一覧