大人は楽しい

<   2007年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧




肝心なこと

 夕方のニュース番組で、奈良市の職員が仕事をサボっていることを取り上げていた。
 出勤して午前中で仕事を終わらせて帰宅。そして夕方また市役所に来てタイムカードだけ押して帰る。こういうことをやっている職員がたくさんいるのだとか。もちろん真面目に働いている人もいっぱいいるのでしょうが。
 昨年テレビで取り上げられて問題になったにもかかわらず、今も「中抜け」は減っていないのだとか。
 
 そういう職員がいれば、上司は気づかぬはずがない。
 番組では、市の関係者が出演して「もちろん気づいていますよ。でも見てみぬふりです。トラブルに巻き込まれたら嫌ですからね。殴られたり」と語っていた。

 ナレーターは「深刻な問題です」と語っていた。
 それだけ。


 なんて中途半端な報道なんだろう。
 どうして肝心なことを言わないのか。
 仕事をサボるダメ職員がいて、それを注意できないことなかれ主義の上司がいるだけではないということを。


 正しく伝えるべきだと思う。
 同和対策事業で雇用された被差別部落出身の人(の一部)がサボっているのだということを。
 上司が注意できないのは、部落開放団体から圧力がかかっているからだということを。
 だからサボっていてもクビにならないのだということを。

 そこを言わないと、何も伝わない。
 社会の構造的な問題を個人の問題にすりかえてはいけない。


 本当のところを報道すれば差別が増えるかもしれない。
 でもそれは報道が悪いわけではない。差別する人間が悪いのであり、積極的差別是正措置をいいことに仕事をサボる輩に原因があるのだ。

 目をつぶっても差別はなくならない。

 在日外国人が犯罪をしたら、ちゃんと報道するじゃない。
 アニメオタクが性犯罪をしたら、そのことを伝えるじゃない。

 部落開放団体を恐れて肝心なことを言わない番組作りは、部下に注意できない上司と同じじゃないっすか。
[PR]



by uso8000000 | 2007-10-30 19:31 | ニュース

オシンドローム

毎年、U-CANが流行り言葉を選んでいますね。
誰もが納得できない選考をおこなうことで知られている賞ですね。
そもそも12月1日に発表ってのがおかしい。

それはそれとして。
職場で賭けをしました。

・新語・流行語大賞のトップ10に選ばれる言葉を予想
・ただし、大賞(2つ)を選んだらアウト
・トップ10入りしなくてももちろんアウト


ちなみに去年は
大賞が「イナバウアー」と「品格」
そのほかのトップ10は「エロカッコイイ(エロカワイイ)」「格差社会」「シンジラレナ~イ」「たらこ・たらこ・たらこ」「脳トレ」「ハンカチ王子」「ミクシィ」「メタボリック・シンドローム(メタボ)」

「シンジレナ~イ」なんてどこで流行ってたんだ、という気もしますが。ミクシィはもうちょっと前じゃないのか。
まあ2006年に「ググる」がノミネートされていたぐらいですからね。ネットに関しては相当時代から取り残されている流行語大賞です。


僕が予想したのは「ケータイ小説」

けっこういい線いってるのではないかと思います。
出版業界の人間に聞いたらこれが一番になるでしょう。

大賞は「どんだけー」「ビリー・ザ・ブートキャンプ」あたりでしょうね。
「東国原知事」「おしりかじり虫」あたりも入賞するんじゃないでしょうか。
「千の風になって」は何年も前の歌だけど、売れたのは今年。
たぶん芸人の言葉も一つぐらいは入ると思うので、「欧米か!」か「そんなの関係ねえ」のどちらかではないでしょうか。
「ナントカ還元水」は言った人が自殺しちゃったから選ばれないでしょう。
過去の受賞言葉を見たところ、あまりイメージの悪い言葉は選ばれていなかったので、「おともだち内閣」や朝青龍の「乖離性障害」は選ばれなさそう。
「ダンボール肉まん」はガセだったしなあ。
[PR]



by uso8000000 | 2007-10-29 13:09 | カルチュア

真心の預言

 夢の中におじさんが現れました。会ったことのない人です。
 元はベージュで、今は藁のような色をしたみすぼらしいコートを着ていました。なにか、神秘的な雰囲気を身にまとっていました。

 彼は僕に向かって、両手を前にさしだすように指示しました。言葉は発しなかったのですが、なぜか僕には彼の言いたいことがわかりました。
 僕は両手を出しました。
e0025267_1410279.jpg
 彼は手を叩きました。
タンタンタンタンタンタンタンタンタンッ! タンッ! タンッ!

 僕も真似をしました。
タンタンタンタンタンタンタンタンタンッ! タンッ! タンッ!


 彼は再び手を叩きました。
タンタンタンタンタンタンタンタンタンッ! タンッ! タンッ!

 僕も手を叩きました。
タンタンタンタンタンタンタンタンタンッ! タンッ! タンッ!


 僕がそのリズムを習得したことに、彼は満足したようでした。大きくうなずき、そしてゆっくりと口を開きました。
 ヘンにかん高い声でした。


「9,1,1のリズム。これがテロリズムだ」




 夢の中にくだらないことを言うおじさんが出てきて困るのですが。
 ネタも古いし。
[PR]



by uso8000000 | 2007-10-28 14:09 | ネタ

イケメンのメンってmenじゃなくて面だったのね

ナポリを見て死ねっていうくそ企画で、ついに敗れ去りました。
ドイツの地で死にます。

管理人のつぅーさいかのあほ! っていうかあほ!



生き残っているのは、現在14人。
ここまでの5問でもらっているマイナス票の数を調べてみました。

【0票】
いわし (0,0,0,0,0)

【1票】
たかが人間 (0,0,0,0,1)
んじょも (0,0,0,0,1)
月の兎 (0,0,0,0,1)
涼秋 (0,0,0,0,1)

【2票】
02 (0,0,1,0,1)
プール上がりのお尻 (0,1,0,1,0)
淫水焼け (0,0,0,1,0,1)
師匠 (1,1,0,0,0)
平成ミシェル (0,1,0,1,0)

【3票】
あんにゅい竹 (1,1,0,0,1)
ベラート (0,1,1,1,0)

【4票】
のすたるじっく (1,1,0,1,1)
墓を掘る (0,1,1,1,1)


いわしさんがただひとりのパーフェクト。さすが。
1票の4人は、全員ステージ5で票をもらっています。人数が減ってきて厳しくなってきたのでしょう。次からは3票で脱落になるんじゃないかな。
[PR]



by uso8000000 | 2007-10-24 13:08 | 大喜利

徒然汁

 風邪
 僕の周りで風邪が流行っている。
 ブログやなんかに「風邪ひきました」ってことを書いている人がいるけど、会ったこともない人の風邪をひいたっていう情報ほどどうでもいいことはないね。
 書いたって悪いわけじゃないんだけど。だってどうでもいいんだから。
 昔はウイルスのことを「ビールス」と言っていたらしいけど、ビールスのほうがかわいげがあって好き。ウイルスというとHIV級の恐ろしいイメージだけど、ビールスというとドラえもんの「ねこしゃくしビールス」のイメージ。


 星座
 星占いに関心がない人は多いが、大好きな人がたくさんいるのもまた事実。
 大学の後輩の女の子は、人の名前よりも先に星座と血液型を覚える人だった。
「あー、あのおうし座のA型の人ですね」
 人間は2種類に分けられる。おうし座のA型の人と、そうでない人と。


 アルファベット
 日本人が英語をマスターする上で、一番の障害となるのは「アルファベットが覚えられない」ということだろう。
 そこで、アルファベットの覚え方を考案した。「水兵リーベ」より覚えやすいものになったと自負している。
 ここに画像を載せておく(クリックで拡大)ので、英語を勉強される人はぜひ活用してほしい。今から努力すれば、センター試験までには覚えられるだろう。
e0025267_431686.jpg

 ちなみに「J」をや行で発音するのは、ドイツ語式である。
[PR]



by uso8000000 | 2007-10-21 04:32 | 徒然

農林漁業者、自営業、無職及び学生などの方で20歳以上60歳未満の方

 過去に国民年金を払っていない期間があったので、社会保険事務所からお手紙が届いた。

 たいへんわかりにくい手紙でしたが、
「あんたは過去に国民年金に未加入の期間があったので、今からでも遅くはないから手続きしなさい」
との内容。

 不親切なことに、
「書類に必要事項を記入して社会保険事務所に出頭せよ」と書いてあるだけ。

・手続きの内容(お金をいくら払うのかとか)
・出頭しなかったらどうなるのか

 これぐらいのことは書くべきだと思うけどなあ。
 社会保険事務所の地図や交通案内も載せていない。

 ま、お役所なのでこんなもんでしょう。



 電話をして質問をしてみた。
 電話に出た男性は低姿勢で、親切にわかりやすく説明してくれた。公共機関には珍しい。社保庁、今はたいへんだからなあ。

 で聞いたことをまとめると、

・未加入期間があっても、2年前までならさかのぼって収めることができる
・未加入期間1年につき、65歳以上になってから受給できる老齢基礎年金の額が約2万円/年減額される。
・未加入期間が、支払うべき期間の3分の1を超えると、寝たきりなどになった場合に障害年金がもらえない
・国民年金への加入は法律で義務付けられている(加入しなかった場合の罰則については説明なし)

 というわけでぜひお支払いお願いしますと何度も頼まれた。
 社会保険事務所職員は苦労しているようですね。


 
 で、計算してみた。払うのと払わないのでは、どっちが得か。

 加入すると、14,100円/月 支払わなくてはならない。
 1年で 169,200円。

 未加入期間1年につき受給額が約20,000円/年 減額されるとのことなので、

 受給期間が8年と5ヶ月以内なら、払わないほうが得。
 8年6ヶ月以上老齢基礎年金を受給するなら、払ったほうが得。
(あくまで数十年後に現行の保険システムが生き残っている場合)

 老齢基礎年金がもらえるのは65歳からなので、73歳5ヶ月までに死ぬなら払わないほうが得、それ以上生きるのなら払ったほうが得。
 これは賭けですね。自分がいくつまで生きるのか。


 日本人男性の平均寿命は79歳。なので、84歳まで生きると仮定しましょう。
(よくまちがわれるが、平均寿命とは0歳で死んだ人なども含めての平均なので、今生きている日本人男性が平均して79歳で死ぬということではない)


 1年分(169,200円)の年金未納期間があると、受給額は
(84-64)×20,000 = 400,000円減額されることになる。

 17万円払わないと、40万円損をする。


 さあ、どっちが得か。
 20代での17万円と、80代での40万円。どっちが価値が大きいか。

 僕は、20代の17万円のほうが価値があると思います。
 なので、払わないほうがいいんじゃないかというのが個人的な心情。
 まだ若いからそう思うだけなのかもしれませんが。



 一応書いておきますが。
 これは「年金を払うと得をするか」を論じたものであって、「払うべきか否か」はまた別の問題。
[PR]



by uso8000000 | 2007-10-15 15:57 | 日記

デンマークってどこだっけ

ナポリを見て死ね第4ステージ。

【お題】
「みにくいアヒルの子」という名作がありますが、主人公のひな鳥が「それだけはマジで勘弁して」と思った周りのアヒルの陰湿ないじめとは?


「おもしろくないと思ったものに投票」で、2票入れば失格。

そろそろ実力者たちも脱落してゆきます。
僕は0票。
90人いたのが、現在の生き残りは22人です。
そろそろ危ないかな。


いいと思ったボケ。

(プッチンプリンに平手打ちさん)
陰湿すぎてこまめに換気しないとカビが生える。

(涼秋さんの作品)
花の咲かない種ばかり与えられる

 花の咲かない種っていちじくとかかな。
 涼秋さんはこういうの強そう。ベスト3には入るんじゃないかと思ってます。
[PR]



by uso8000000 | 2007-10-14 13:40 | 大喜利

夏の終わりの読書感想文

 今年の夏に読んだ本の中で、おもしろかったもの。


北尾トロ 『怪しいお仕事』 (新潮文庫) ★★★☆☆
 悪徳興信所、ポーカー賭博屋、鍵師、ゴーストライターなど、よくわからん仕事をしている人の話を聞き出したもの。お寺売買のコーディネーターをしている坊主の話が特に生臭くておもしろい。
 この人の文章はところどころわかりづらいところがある。


池上彰 『そうだったのか! アメリカ』 (ホーム社) ★★★☆☆
『そうだったのか!』シリーズ第4弾。アメリカの歴史や政治をわかりやすく解説。
『そうだったのか! 現代史』などのほうが圧倒的におもしろかった。とはいえ、リンカーンが黒人差別主義者だった、アメリカが国と州とがずっと対立している、など意外な情報もたくさん。


俵万智 『愛する源氏物語』 (文春文庫) ★★★☆☆
 源氏物語に登場する和歌の現代語訳。といっても堅苦しい教科書訳ではなく、五七五七七で訳している。さすがは歌人。
 女性から見た、ちょっとうがった解釈がおもしろい。


池谷裕二 『進化しすぎた脳』 (講談社ブルーバックス) ★★★★★
 薬学博士とニューヨークの高校生による、大脳生理学についての対話。
 イルカの脳は人間のよりも大きくてシワも多い、脳が9割なくてもまともな生活を送れる、体が脳を支配する、人間の視神経はデジカメ以下、下等な生物ほど記憶が正確、言語がないと抽象的思考ができない、人類は進化することをやめた……。ため息が出るほど興味深い話が続々。
 アメリカの高校生がしっかりとした発言をすることにも感心した。


西原理恵子 『できるかなクアトロ』 (扶桑社) ★★★★☆
 ルポルタージュ漫画&エトセトラ。瑣末なことをとりあげてギャグにする力は凄い。
 小学生にけんかを売る「人生一年生」は大いに笑った。
 楽屋落ちが多いのが残念。


中崎タツヤ 『じみへん 中濃』 (小学館) ★★★★☆
 相変わらず、感心させられたりくすっと笑わされたり意味がわからなかったりのじみへん。
 じみへんを読むと心が安らぐ。


クリス・マクマナス 『非対称の起源』 (講談社ブルーバックス) ★★★☆☆
 なぜ心臓が左にあるのか、右利きが多いのはなぜか、そしてどうして世界は非対称なのか。発生生物学、化学、文化人類学、歴史、芸術などあらゆる観点から論じた書。
 「左」と「右」は単独では定義不可能という意味論的なくだりはおもしろかった。
 鏡の中のミルクはミルクではないのだそうだ。なぜならある種のたんぱく質は左右を反転させると性質が変わるから。


鴨志田譲&西原理恵子 『アジアパー伝』 (講談社文庫) ★★★☆☆
 文章とカットがまったくあっていないのがおかしい。いつものことだが。
 アル中で死んだ著者だけあって、アルコール臭のぷんぷんする文章だ。カンボジアゲリラ取材の話は魅力的だ。


アンドリュー・パーカー 『眼の誕生 -カンブリア紀大進化の謎を解く-』  (草思社) ★★★☆☆
 カンブリア時代に急激に生物が進化したのは眼が誕生したからだとする説を唱える著者。ではなぜ眼のような高等な器官が誕生したのか。ダーウィンをも悩ませた問題に挑む書。
 第9章でついに地球上に眼が誕生するシーンでは、その場に居合わせたかのような不思議な感動を覚えた。


地下沢中也 『預言者ピッピ ①』 (イースト・プレス) ★★★★★
 未来予知を可能にしたロボットの暴走、それを歓迎する人々。人類の果てしない欲望と行き着く先を描くSF漫画。
 話の作り方が非常に丁寧。『パパと踊ろう』などのギャグ漫画も好きだったが、シリアスなものもいい。
 しかし単行本になるまでに8年もかかったこの漫画、2巻はいつ出るんだ?


立花隆 『人体再生』 (中公文庫) ★★★☆☆
 再生医学の現状(といっても数年前の現状)を伝える対話集。
 臓器移植が数十年後には、誰も使わない野蛮な技術になっているという話には感心した。


小田扉 『団地ともお ⑩』 (小学館) ★★★★☆
 郷愁漂う笑い。
 心地いいテンポと品の良さで、後味もいい。


西原理恵子 『毎日かあさん ④ 出戻り編』 (毎日新聞社) ★★★★★
 過激な子育て漫画。息子のばかっぷりに大笑い。
 しかしこの巻のハイライトは、なんといっても別れた夫・鴨志田譲の末期。病室で最期の言葉を交わすシーンでは、本当に胸が詰まった。


村上春樹 『ねじまき鳥クロニクル (上・中・下)』 (新潮文庫) ★★★☆☆
 ストーリーは意味不明。なのにおもしろいのは、文章それ自体が美しすぎるから。
 春樹の文章は国語の教科書に載せるべきだ。


石原まこちん 『THE 3名様 最後のラストオーダーの章』 (小学館) ★★★☆☆
 最終巻。温度の低さが持ち味のこの漫画には珍しく、ちょっとした盛り上がりがある。ファミレスで3人がぐだぐだしゃべるだけの漫画で、500話近く続けたのはすごい。漫画史に残るいい漫画だった。


山田詠美 『ぼくは勉強ができない』 (新潮文庫) ★★★★★
 すばらしい青春小説。高校生のときに読んでおきたかった。
 主人公の視点や文章のリズムがすっと心に染み込んでくる。


浅野いにお 『おやすみプンプン ①』 (小学館) ★★★☆☆
 漂う空気は好きなんだが、『素晴らしい世界』のような短編のほうが好み。
『虹ヶ原ホログラフ』みたいにならないことを願う。
 他はみんなきちんと描かれているのに主人公だけは謎の動物のキャラ(ただし周囲からは普通の人間に見えている)という表現方法は目新しいけど、だからといってどうってことはない。


西原理恵子 『鳥頭紀行ぜんぶ』 (朝日新聞社) ★★★★★
 一番脂の乗っている時期の作品群。とてつもないパワーに圧倒される。
 楽屋ネタが多いのはいただけないが、鋭く攻撃的なギャグには笑うしかない。嘘ばかり書いたりひどい下ネタを並べたり載せるべき写真をなくしたり、適当具合がまたいい。
 特に「先生がアシスタントしかえしに行ってやるの巻」は最高。


村上龍 『69 -sixty nine-』 (集英社文庫) ★★★★★
 映画も良かったが、小説も素晴らしい。若いエネルギーがほとばしっていて、作者も書いている通り楽しい小説。バカで最高。
 笑えてわくわくしてどきどきする。


『yom yom vol.4』 (新潮社) ★★★☆☆
 新潮社発行の中間小説雑誌。
 だんだん質が落ちてきているような……。角田光代、川上弘美、重松清といった旬の作家をそろえているのだから、もっとおもしろくてもいいのに。




 西原理恵子が多いなあ。
 本を買うのが好きなので、やっぱり読むペースより買うペースのほうが速い。
 溜まる一方。
[PR]



by uso8000000 | 2007-10-11 04:50 | 紹介

西洋人でも

「いやー、びっくりしたよ。天狗がいたんだよ」

  「天狗?」

「そうそう。まさか本当にいるとはなあ」

  「本当にいるわけないだろ。どうせ見間違えたんだろ」

「いやいや、あれはまちがいなく天狗だった」

  「どんな風貌だったの?」

「顔が赤くて、鼻が高かったんだ」

  「そんな人いっぱいいるだろ。西洋人でも見たんじゃないのか」

「そうかなあ」

  「そうだよ、天狗なんかいるわけないんだから」

「おまえにそう言われたら、そんな気がしてきた。外国人だったのかな」

  「そうだよ」

「そうだよな、天狗のわけないよな。うん、あれは天狗じゃなかった。ペンキを塗ったみたいに顔が真っ赤で、鼻が五十センチぐらいあって、袴を着て下駄を履いて、大きい団扇を持って、『わしは天狗だ』って言いながら空を高々と飛んでいっただけの外国人だ」

  「いや、それはまちがいなく天狗だわ」
[PR]



by uso8000000 | 2007-10-08 22:41 | ネタ

ナポリ・デ・ジャイアント

「ナポリを見て死ね」という大喜利企画に参加中。
おもしろくないと思ったボケに投稿。2票以上もらったら脱落。

3回戦を終えましたが、真心・ザ・ジャイアントはまだ生き残っております。
2回戦と3回戦は置きにいったボケでした。自分でもあまり納得してません。


 好きなボケ。

【お題】ロシアには世界一長い鉄道・シベリア鉄道がありますが、そのシベリア鉄道にまつわる建設秘話とは?

・淫水焼けさんの作品
ばれないように母親がわざと下手くそに作った。

・眠れない工場さんの作品
初日は誰も来なかった

・プール上がりのお尻さんの作品
がんばった方のロバも食べた


【お題】海賊がミスをしてしまったらどんな罰を与えられるのでしょうか?(一部略)

・平成ミシェルさんの作品
勇敢バッジを外される

・プール上がりのお尻さんの作品
みんな笑いながらバックしていく



 管理人さんが、管理人判定企画に切り替えるって書いてましたが、僕は反対です。
 今までと同じ形式でやってほしいな。
[PR]



by uso8000000 | 2007-10-03 20:06 | 大喜利

移転しました。新しいブログはこちら http://dogdogfactory.blogspot.jp/
by uso8000000
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログリンク

USO-800大喜利
トップページです。

大喜利カレンダー
べとんさん運営の、大喜利やる人には欠かせないカレンダー

まるで銃弾浴びてるかのよう
短歌

三人一句
昔やってた遊び



ジャックハマー
ミニゴバさんの文士ブログ
眼球の裏窓
眼球支点さんの対話式ブログ
大友・ごむの「なりきりアンドロイド」
大友ヒップホップさんの激辛ブログ
まち子よ
フードさんのドギツイブログ
ひぐまの左手
ニッポニアさん・なゆらさんのひょっとこキャンバス
菜果牛乳3
To菜果さんの爆弾ブログ
なんとなく
あいつさんのハレンチブログ
あんにゅい三昧
あんにゅい竹さんの皆勤ブログ
土砂降りの脂の中で僕ら
えこなさんの痛快ブログ
忍者ムラサキのおしゃべりデート
忍者ムラサキさんのおしゃべりブログ
暴投戦士(笑)
暴投戦士(株)さんのしっかり者ブログ
さんえいち(戒)
雨乞い番長さんの番長ブログ
リッスン・トゥー・ハー
なゆらさんの名文ブログ
いわし13号
いわしさんの大衆魚日記
今夜は金玉について語ろうか
たかさんの変態ブログ
☆一瞬の輝き
kanon560さんの追想ブログ
サムライチョップはパンチ力
サムライチョップさんのアニメ化ブログ
塩で揉む
しりこだまさんの汚れブログ
はた織り鶴の一撃
ガス電池さんのハイセンスブログ
ヒメジャノメートル
ラマオさんの滅裂ブログ
Kera-ma-go
んじょもさんの暗黒青春ブログ
本多おさむの「入りやすい穴、探してます」
穴さんの入りやすいブログ
all or Nothing radio Show
22世紀からきましたさんの22世紀からきましたブログ
七分袖モダンガール
カシスさんのアナクロニズムブログ
孤立無援の刺草
SANATOさんの寸鉄人を刺すブログ
小指をつないで
お米さんのよく噛んで読めブログ




【管理人プロフィール】
スーパー真心 20代 兵庫県在住

検索

最新の記事

移転のお知らせ
at 2015-06-04 00:18
海を渡れ
at 2013-03-29 21:37
海洋堂フィギュアミュージアム
at 2013-02-24 23:49
仮説
at 2012-11-15 21:37
つげぐち
at 2012-10-20 21:58

ファン

ブログジャンル

画像一覧