大人は楽しい

カテゴリ:笑( 25 )




さよならMー1グランプリ

テレビ番組の感想を書くのは恥ずかしいと言いつつ、毎年書いてるMー1グランプリの感想。
今年も。

感想
[PR]



by uso8000000 | 2010-12-27 19:06 |

プロフェッショナルも木から落ちる

NHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀  松本人志』(10月16日放送)を観る。


番組の感想は何万人もの人がブログに書いているだろうから、書かない。


ひとつ気になった点。



「松本さんは桂枝雀や藤山寛美などの伝統的な笑いにも造詣が深い」というナレーションがあったけど……

桂枝雀はまったく新しい笑いに挑みつづけた人ですよ!!!




-
[PR]



by uso8000000 | 2010-10-16 22:44 |

キングオブコントですって

キングオブコント観た。いや、観てない。
まだ途中まで。録画したやつ。
結果も知らない。




※9/26追記  完結

続きを読む
[PR]



by uso8000000 | 2010-09-24 21:20 |

Rー1ぐらんぷり2010とその前のやつ

Rー1ぐらんぷり2010を観たのよ。
M−1は「いちばん笑った」≒「いちばんいい」なんだけど、R−1はそうではないというのが僕の解釈。
落語と一緒で、技術や構成の妙の比重も大きい。
笑われると笑わせるはやっぱり違うよね。


サバイバルステージ(敗者復活)と決勝と最終決戦をごっちゃにした僕の中での順位。


1位.あべこうじ (決勝1:ものの言い方)
 良かった。去年までに比べてずっとうまくなってる。ああいうスタイルで優勝したという功績は大きい。

2位.アナログタロウ (サバイバル:80年代歌謡曲のどうでもいい情報)
 いちばん笑ったのはここ。でもサバイバルステージ通過しないことにも納得。

3位.COWCOW山田與志 (サバイバル:DJボブ)
 とにかく楽しかった。独りよがりになりがちなピン芸の中で、いちばん観る人の目を意識してたネタじゃないかな。

4位.なだぎ武(ザ・プラン9) (決勝1:ミッキーマウス)
 なだぎ武の動きがよく活かされていたネタだった。

5位.エハラマサヒロ (決勝1:塾の先生)
 前半部分は以前に観たことのあるネタだっただけに、後半びっくりした。

6位.あべこうじ (決勝2:ドレミの歌)
 技術はやっぱり高い。でもネタの中身は、んー?

7位.COWCOW山田與志 (決勝1:DJボブ)
 時間が長くなった分だけ冗長になった。

8位〜(特に可もなく不可もなく)
・友近 (サバイバル:ヨガの先生)
 元ネタ(フットルース)がわかんなかった。
・田上よしえ (サバイバル:日本語講座)
 日本語講座という設定はもうやり尽くされていると思う。
・ゆってぃ (サバイバル:漫談)
 ネタの内容は覚えてない。でも盛り上げてたからいいんじゃない?
・もう中学生 (サバイバル:シジミ)
 あの背景は、他のコントで使ったやつを使い回しているんだね。地球に優しい。
・中山功太 (サバイバル:カメラマン)
 「そこそこ欲しかったCDを買うといいよー。GReeeeNのベストだよー」が毒が効いていて良かった。いつも通りの中山功太。やっぱり去年の審査がむちゃくちゃだった。
・ナオユキ (サバイバル:漫談)
 舞台じゃなくて酒場で話したらいいんじゃない?
・エハラマサヒロ (決勝2:赤さん)
 小器用にまとめただけ。「赤ちゃんが大人っぽいことをする」っていうのが普通すぎた。
・バカリズム (決勝1:正義感の強い男)
 1分でやるネタだと思う。
・川島明(麒麟) (決勝1:いい声で言う)
 ほんとにいい声で言うだけのネタだった……・。普段の麒麟のネタを1人でやっても、2人でやるのとあんまり変わらないと思う。
・なだぎ武(ザ・プラン9) (決勝2:ドラえもん目覚まし時計)
 なだぎ武のおもしろさが見事に殺されていた。


18位〜 (不愉快になりました)
・ユリオカ超特Q (サバイバル:ハゲ漫談)
 この人のハゲは笑えないハゲ。ハゲが似合ってるからなあ。うまいんだけど。
・今泉 (サバイバル:言ってみてえ)
 エンタの神様を観てるのかと思った。
・我人祥太 (決勝1:憂)
 客をひかせていたね。ああいう方向性は別にアリと思うんだけど。
 1個目(この子だけ別腹)がどぎつくて、その後どんどん水準が落ちていったのがなあ……。
・いとうあさこ (決勝1:南ちゃん)
 言ってることは普通でした。


最下位. Gたかし (決勝1:ものまね紙芝居)
 うわあ。つまんねえ。物まねも微妙。
 小学生にネタ作ってもらったのかな? だとしたら悪くない。
[PR]



by uso8000000 | 2010-02-23 22:10 |

M−1グランプリ 2009

 しりこだまさんの金魚の話で思い出したんだけど。

 大学の物理のゼミで、ある日教授が「来週は液体窒素を持ってくるのでそれで遊んでみましょう」と言った(なんてこと言いだすんだ)。
 そしたら錆びたクサリみたいな顔をした男が「金魚を冷凍させるって実験やりましょうよ」と言い出した。

 たしかその何週か前に教授が
「動物は外気温が下がると凍死しますが、これは半端な温度で細胞が壊されるからです。一気に絶対零度の近くまで温度を下げれば細胞は壊れないので死にません。人間ぐらい大きな動物だと難しいですが、金魚ぐらいなら一気に凍らせて後で一気に解凍すればまた動き出します」という話をしたのだ。

 その話は僕も「じゃあその技術が進めば人間も冷凍冬眠できるじゃん」と思ったのでよく覚えていたけど、実際に目の前で実験をしたいとは思わなかった。

 でもクサリ顔の男は翌週のゼミの前に大学の近くのペットショップに行って、金魚を一匹買ってきた。
 僕は「おいおいやめろよ……」と思っていたし、隣の席の社長令嬢のおかっぱの女の子は世界史の教科書のポル・ポトのくだりを読んだときのような顔をしていたんだけど、クサリ男はかまわず金魚を液体窒素の中に投入した。


 【わかったこと】

 液体窒素の中に投入すれば一気に-273℃近くまで冷やすことはできるけど、-273℃から一気に常温に戻すことは不可能。

というわけで毎年恒例M−1グランプリの感想
[PR]



by uso8000000 | 2009-12-22 22:32 |

Rー1ぐらんぷり2009

見ました。
録画失敗したのですが、某動画視聴サイトで見ることができました。
いやあ、視聴者にとってはいい時代になったものだ。

感想
[PR]



by uso8000000 | 2009-02-18 19:34 |

R−1ぐらんぷり2009 サバイバルステージ

R−1ぐらんぷり2009サバイバルステージ。
見ました。

敗者復活をあらかじめやっておいて、敗者復活から勝ち上がった人は決勝では不利な出番順で演じる。
これはいいね。
Mー1も見習えばいいのに。敗者復活コンビが一番有利な出番順でやるのはどう考えてもおかしいもんね。
敗者復活戦と同じネタを決勝で演じるのも変だよね。

感想
[PR]



by uso8000000 | 2009-02-16 19:19 |

M-1 2008

M-1グランプリ2008の感想。
テレビ番組の感想をつらつらと述べるのもなんだか気恥ずかしいけど、恥じらいながら書きます。

感想つらつら
[PR]



by uso8000000 | 2008-12-22 09:17 |

これだからNHK好きよ。だめなとこも含めて

NHKの「笑・神・降・臨」という番組でバナナマンがネタをやっていた。
番組タイトルはいかにもNHKでセンスがないのだが、内容は非常によかった。

「最近は多くの芸人が出てきて一発ネタをちょっとずつ披露するネタ番組が多いので、この番組では1組の芸人に29分間ネタをやってもらう」
という民放に対して喧嘩を売っているコンセプトの番組です。

いいですね。
ほんのちょっとだけどうでもいいVTRも入っていたんですが、ほんとに30分の番組のうち29分はネタでした。

「宮沢さんとメシ」というコントと、
「Secretive person」というコント。

「宮沢さんとメシ」は、急に宮沢りえと一緒に食事をすることになった日村のテンションが上がりすぎるという筋。

「Secretive」は、設楽が「聞かれなかったから言わなかった」という男を演じます。
こっちは見たことがあったのですが、それでもおもしろかったです。
松本人志ビジュアルバムの「古賀」に共通するおもしろさです。


ただ、気になったのはカメラワーク。
常々舞台でコントをやっている人たちですから、正面から固定カメラで撮るのが一番いいのですが、右から撮ったり、下から撮ったり、アップにしたり、画面を分割したりと、とにかく要らないことをする。
カメラマンは何かしないと不安なんでしょうね。

ある落語家が語っていました。
落語は、右を向いたり左を向いたりして人物を演じ分ける。
ところが下手な(そしてなまじっか腕に自信のある)TVディレクターは、右を向いたら右のカメラの映像を使う。左を向いたら左のカメラ。
すると、常に落語家が正面を向いていることになってしまって、テレビを見ている人には演じ分けが伝わらない、と。

なんかね、テレビって「いらんことしい」なんですよね。
「余計なことをする人」を指す関西弁です。

スポーツとかでもただ映してくれてたらいいのに、有名人をゲストに呼んだり、大げさなVTRを流したり、派手なパフォーマンスを入れたり。
「すべらない話」なんかその典型ですよね。
ただトークを延々と流してくれるだけでいいのに、観覧ゲストを集めて、いろいろといらんことをする。
予算が余ると困るんでしょうね。いっぱいお金をかけないといっぱい請求できないですもんね。がんばってお金を使おうとしているのがありありとわかります。



細かい点では不満もありましたが、1組の芸人のネタを30分流すという姿勢には大賛成。
試験番組みたいなので今後どうなるかわかりませんが、ぜひまたやってほしい。
そして質が落ちないように1ヶ月に1回ぐらいの放送にしてほしいものです。
[PR]



by uso8000000 | 2008-07-14 18:59 |

違法なんだろうけど

R−1グランプリ、録画したつもりだったんですが失敗してました。
YouTubeやニコニコで動画を探したんですが、ナベアツ、なだぎ武、芋洗坂係長しか見られませんでした。
なぜこの3ネタは削除されなかったんだろ。

この3ネタで個人的順位をつけるなら芋洗坂係長>ナベアツ>なだぎ武でした。

芋洗坂係長はたしかにおもしろかったんだけど、でも1回見たらもういいやってネタでした。
ナベアツは「3の倍数」一点張りじゃなければよかったのに。1分のネタならあれでいいんだけど。フレディ・マーキュリーとかT-BOLANとか他にもおもしろいネタいっぱいあるのにな。
ジャリズムのネタってわかりやすいボケが多くて、ツッコミがなくても笑えるものがほとんどなので、ピンでやってもあまり変化はないですね。第1期ジャリズム(解散前)時にもたまにピンでネタやってたけどおもしろかったです。
なだぎさんは好きなんだけど、あれは優勝するネタじゃないだろうと思います。新ネタって言ってたけど、1年ぐらい前にテレビでやってたし。


鳥居みゆきはむちゃくちゃおもしろいと思うけど、ネタで笑ったことはないです。連合赤軍をネタにしているのを見たときは感心したけど。
生放送だけど、空気の読める人だから無茶はせずにテレビ向けのネタをやったんでしょうね。

あべこうじを見たかった。
ルールなんだからその舞台でのおもしろさ(というよりいかにウケてたかになっている気がするけど)で優劣を決めるのはいいけど、あべこうじみたいに身ひとつで笑わせることがもっと評価されてもいいんじゃないかとも思う。R−1のRは落語のRなんだし。
落語ですら扇子や囃子を使う。特殊な衣装もなく、小道具も音響も使わずにマイク1本で勝負しているピン芸人って、今日本に何人いるんだろう。ちょっと考えてみたけど、他にはテントとつぶやきシローぐらいしか思い浮かばない。
あ、第1回チャンピオンのだいたひかるもそうか。

月亭八方は審査員じゃなくて参加してほしい。
彼の落語(という名のほとんどフリートーク)はそこらへんの若手よりはるかに切れ味があっておもしろいと思う。
古典落語もいいらしいね。聴いたことないけど。

他の人に関しては言うことなし。なにしろ見てないからね。

動画、またアップされないかな。
[PR]



by uso8000000 | 2008-02-18 18:38 |

移転しました。新しいブログはこちら http://dogdogfactory.blogspot.jp/
by uso8000000
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログリンク

USO-800大喜利
トップページです。

大喜利カレンダー
べとんさん運営の、大喜利やる人には欠かせないカレンダー

まるで銃弾浴びてるかのよう
短歌

三人一句
昔やってた遊び



ジャックハマー
ミニゴバさんの文士ブログ
眼球の裏窓
眼球支点さんの対話式ブログ
大友・ごむの「なりきりアンドロイド」
大友ヒップホップさんの激辛ブログ
まち子よ
フードさんのドギツイブログ
ひぐまの左手
ニッポニアさん・なゆらさんのひょっとこキャンバス
菜果牛乳3
To菜果さんの爆弾ブログ
なんとなく
あいつさんのハレンチブログ
あんにゅい三昧
あんにゅい竹さんの皆勤ブログ
土砂降りの脂の中で僕ら
えこなさんの痛快ブログ
忍者ムラサキのおしゃべりデート
忍者ムラサキさんのおしゃべりブログ
暴投戦士(笑)
暴投戦士(株)さんのしっかり者ブログ
さんえいち(戒)
雨乞い番長さんの番長ブログ
リッスン・トゥー・ハー
なゆらさんの名文ブログ
いわし13号
いわしさんの大衆魚日記
今夜は金玉について語ろうか
たかさんの変態ブログ
☆一瞬の輝き
kanon560さんの追想ブログ
サムライチョップはパンチ力
サムライチョップさんのアニメ化ブログ
塩で揉む
しりこだまさんの汚れブログ
はた織り鶴の一撃
ガス電池さんのハイセンスブログ
ヒメジャノメートル
ラマオさんの滅裂ブログ
Kera-ma-go
んじょもさんの暗黒青春ブログ
本多おさむの「入りやすい穴、探してます」
穴さんの入りやすいブログ
all or Nothing radio Show
22世紀からきましたさんの22世紀からきましたブログ
七分袖モダンガール
カシスさんのアナクロニズムブログ
孤立無援の刺草
SANATOさんの寸鉄人を刺すブログ
小指をつないで
お米さんのよく噛んで読めブログ




【管理人プロフィール】
スーパー真心 20代 兵庫県在住

検索

最新の記事

移転のお知らせ
at 2015-06-04 00:18
海を渡れ
at 2013-03-29 21:37
海洋堂フィギュアミュージアム
at 2013-02-24 23:49
仮説
at 2012-11-15 21:37
つげぐち
at 2012-10-20 21:58

ファン

ブログジャンル

画像一覧