大人は楽しい

2010年 11月 25日 ( 2 )




絶叫委員会

e0025267_21474215.jpg

 穂村弘『絶叫委員会』(筑摩書房)


 久々に痛快なエッセイに出会った。

 著者は歌人だけあって、言葉に対して実に敏感だ。
 なんでも、街で耳にした「ちょっと違和感のある言葉」を一字一句記録しているのだそうだ。



 葬式の席で、故人の友人が言う。
「N(死んだ友人)が生き返るなら、俺、指を4本切ってもいいよ」


 久しぶりに知人の女性と再会した著者。
著者「お久しぶり、お元気ですか」
A「堕胎しました」


 十歳くらいの娘に、野菜ジュースを勧める父親。
父「これ飲むと、青虫みたいになれるよ」
娘「嫌!」


 寿司屋にやってきた女性。
「こんばんは、やどかりなんですけど」


 著者が昔読んだ、キュリー夫人の伝記。
「貧乏なキュリー夫人は薄い布団しか持っていなかったので、冬の寒い夜には椅子を着て寝ました」


 路上で。どこかのおばさんが。
「日本人じゃないわ。だって、キッスしてたのよ」


 『怪人二十面相』シリーズを読んだ人の感想。
「怪人二十面相はこんな油断しないと思うんだけど、でも、江戸川先生が書くからには本当なんだろうね」


 屋久島の縄文杉の前で、テレビ局のレポーターが若い女性登山者にマイクを向けて。
レポーター「どうして縄文杉に会いに来たのですか?」
女性「会いに来たんじゃありません。観に来たんです」


 今度はテレビ局のインタビュアーと、イヌイットのおじさんの会話
インタビュアー「このトナカイのそりで一日にどれぐらい行けますか?」
おじさん「そりゃ、あんた。どこまでだって行けるさ」





 著者の視点を通すと、世界はなんとあぶなっかしいことか。
 今にも我々が思い描いている世界ががらがらと音を立てて崩れそうではないか。




 うーん。
 このエッセイ、めちゃくちゃおもしろかったから紹介しようとしたんだけど、これ以上紹介する言葉が見つからない。
 このおもしろさを伝えようとしたら引用するしかない。
 一部引用。

 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜
(電車の中で若い男の子同士がしゃべっているのを聞いて)

「俺さ、Tシャツないんだよ」
「俺あるよ」
「嘘まじ?」
「うん」
「Tシャツだよ」
「うん、Tシャツ」
「あるの? Tシャツ」
「めちゃめちゃあるよ」
「1個くれよ」
「うん、やだ」
「2軍でいいからさ」

「めちゃめちゃあるよ」とか「うん、やだ」とか、全ていいけど、やっぱり「2軍」がすばらしい。友だちのTシャツに「1軍」と「2軍」があることに勝手に決まってるのか。いいなあ。私もその世界で生きたかった。

 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜



 上の文章を読んでおもしろいと思った人は、ぜひ丸ごと読んでくれ。
[PR]



by uso8000000 | 2010-11-25 21:48 | 本の周辺

お好きな本をどうぞ

 本屋をしているので、アルバイト採用の面接をすることがよくある。
 で、その際必ずする質問が

「好きな本は何ですか?」

 正直言って、この質問の答えはあまり合否には影響しない。
 ほとんど個人的な趣味で訊いている。
 知らない作者名が出てきたらチェックしとくか、ぐらいの気持ちで訊く。


 安時給重労働の本屋にアルバイトをしにくるぐらいだから「本はまったく読みません!」という人はさすがにいない、かというとそうでもない。
「雑誌ぐらいしか読みません」という人もけっこういる。
 それはそれでかまわない。
「ふーん」としか思わない。


「東野圭吾と伊坂幸太郎です。あと最近では『のぼうの城』がおもしろかったですね」
と言われても、同じく「ふーん」である。
 みんな読んでるし、誰が読んでもそこそこ楽しめるはずだから、その答えから回答者の人となりは見えてこない。
 同様に、「好きな漫画は『One Piece』です」と言われても「ふーん」である。
 プラスにもマイナスにもならない、無難な答えだ。


 合否にはほとんど影響しないと上に書いたが、実は影響するケースもある。

 こないだ面接した子は
「小説が好きなんです!」と息巻いていたので「ほう。どんな小説がお好きですか?」とたずねると、
「『バトル・ロワイヤル』、『ハリー・ポッター』、それから『ダレン・シャン』です!」
という答えが返ってきた。
 それは小説じゃなくて児童文学(または中学生文学)だよ、と心の中でつっこみながら履歴書に架空の「不採用」印を押した。
 以前に「山田悠介先生の『リアル鬼ごっこ』が好きです!」と言っていた三十代女性を、人手が足りないからと採用したところやっぱり不出来だったので、それ以来そのへんの本を好みとして挙げる人は採用しないことにしている。
「『赤川次郎』です」という答えも、かぎりなく×に近い▲だ。

 仮にも中学生文学を売って飯を食っている手前、『バトル・ロワイヤル』や『リアル鬼ごっこ』を不当に低く見ているわけではなく(“正当に”低く見ているのだ)、要は想像力の問題なのだ。
 『リアル鬼ごっこ』を好きなことが悪いのではなく、それを己の嗜好として初対面の人間に見せつけることが問題なのである。

 「大の大人が『リアル鬼ごっこ』を好きですと言ったとき、相手にどう思われるだろうか?」という自問をすれば、普通の人間は(たとえ好きだったとしても)「『リアル鬼ごっこ』が好きです」とは言えないはずだ。

「『リアル鬼ごっこ』がおもしろかったけどそう言うと子どもっぽいと思われるよなあ。ここは無難に、数年前に一度読んだだけの『司馬遼太郎』って言っておくか」という判断を働かすのが、大人である。

 自分の発言・行動がどのような影響を及ぼすかを考えて行動しない人間は客商売に向いていない。だから採用しない。
(もし自問した末に言ったのだとしたら、常識が欠如していることになる。それはそれで仕事に向いていない)



 どういう答えを示せばプラス評価になるのかというと、これは難しい。
 強いて言うなら、担当者の好みと一致する答えだけだろう。これは答えがマニアックであればあるほどポイントが高い。
「古いんですけど……。大西巨人先生の作品はすべて読んでます」
「えぇ! ホントに!? すげー、大西巨人を好きな人、おれ以外ではじめて会ったよ」
「お好きなんですか? わあ、うれしいなあ」
「最近は古本屋にもなかなかなくてねえ」
「わかります。ぼく、源氏鶏太も好きなんですけど、なかなか手に入らなくて……」
「うそ!? 源氏鶏太も好きなの!? おれ全部持ってるから今度貸すよ!!」
 こんなやりとりになれば採用される可能性も上がるだろうが、こんな奇跡はまず期待できない。「誰それ?」で終わりである。
 下手をしたら、とりかえしのつかないダメージをこうむる可能性もある。
「好きな本ですか? 『ドグラ・マグラ』です」
なんてことを言ったら、
「『ドグラ・マグラ』を好きなのか。こいつぜったいヤバイやつだ」
と思われてしまう可能性も十二分にある。
 なにしろ日本三大奇書の一だ。どんな考えを持っているかわかったものではない。
「『リアル鬼ごっこ』を好きです」のほうが、嗜好が中学生的ということが想像できるだけマシかもしれない。
 マニアックな本も回答としてはふさわしくない。


 ヘンに見栄を張って
「カントの『道徳形而上学原論』です」
なんて答えもやめておいたほうがいい。
「けっ、インテリ様が。ここはあなた様みたいな秀才くんが来るとこじゃねえよ」と思われるならまだいい方で、下手をしたらそこから3時間カントトークということもありえる。


 だったらどんな答えがベストなのか。
 結局のところ
「東野圭吾ですね。ガリレオシリーズとか」
ぐらいがいちばんいい。
 つまんない結論だけどしょうがない。

 そんなとこでポイント稼ごうなんて思っちゃいかん。
 どうせ面接する側はほとんど「週何回入れるか」しか見てないんだから。
[PR]



by uso8000000 | 2010-11-25 16:38 | 本の周辺

移転しました。新しいブログはこちら http://dogdogfactory.blogspot.jp/
by uso8000000
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ブログリンク

USO-800大喜利
トップページです。

大喜利カレンダー
べとんさん運営の、大喜利やる人には欠かせないカレンダー

まるで銃弾浴びてるかのよう
短歌

三人一句
昔やってた遊び



ジャックハマー
ミニゴバさんの文士ブログ
眼球の裏窓
眼球支点さんの対話式ブログ
大友・ごむの「なりきりアンドロイド」
大友ヒップホップさんの激辛ブログ
まち子よ
フードさんのドギツイブログ
ひぐまの左手
ニッポニアさん・なゆらさんのひょっとこキャンバス
菜果牛乳3
To菜果さんの爆弾ブログ
なんとなく
あいつさんのハレンチブログ
あんにゅい三昧
あんにゅい竹さんの皆勤ブログ
土砂降りの脂の中で僕ら
えこなさんの痛快ブログ
忍者ムラサキのおしゃべりデート
忍者ムラサキさんのおしゃべりブログ
暴投戦士(笑)
暴投戦士(株)さんのしっかり者ブログ
さんえいち(戒)
雨乞い番長さんの番長ブログ
リッスン・トゥー・ハー
なゆらさんの名文ブログ
いわし13号
いわしさんの大衆魚日記
今夜は金玉について語ろうか
たかさんの変態ブログ
☆一瞬の輝き
kanon560さんの追想ブログ
サムライチョップはパンチ力
サムライチョップさんのアニメ化ブログ
塩で揉む
しりこだまさんの汚れブログ
はた織り鶴の一撃
ガス電池さんのハイセンスブログ
ヒメジャノメートル
ラマオさんの滅裂ブログ
Kera-ma-go
んじょもさんの暗黒青春ブログ
本多おさむの「入りやすい穴、探してます」
穴さんの入りやすいブログ
all or Nothing radio Show
22世紀からきましたさんの22世紀からきましたブログ
七分袖モダンガール
カシスさんのアナクロニズムブログ
孤立無援の刺草
SANATOさんの寸鉄人を刺すブログ
小指をつないで
お米さんのよく噛んで読めブログ




【管理人プロフィール】
スーパー真心 20代 兵庫県在住

検索

最新の記事

移転のお知らせ
at 2015-06-04 00:18
海を渡れ
at 2013-03-29 21:37
海洋堂フィギュアミュージアム
at 2013-02-24 23:49
仮説
at 2012-11-15 21:37
つげぐち
at 2012-10-20 21:58

ファン

ブログジャンル

画像一覧