大人は楽しい

男の世界史 女の地理

この記事のタイトル、気に入ってます。
意味はまったくありません。
でもなんとなく深い意味がありそうでしょ?


まあ、それはそうと、大阪に行ってきました。
僕のような田舎者には、梅田に出るのは一大イベント。まあ電車で1時間なんだけど。

e0025267_151766.jpg
阪神百貨店から見えるプロミスの傾いている看板。
経営が危ないのかしら。
これを見ると、大阪に来た!って気がします。

e0025267_17057.jpg
某ビルの中にあったクリスマスツリー。
飾りつけすぎ! 木が見えへんがな。

e0025267_1849100.jpg

e0025267_19366.jpg

Village Vanguard(つづりあってるか知らん)という本屋にあった星新一のショートショート宣伝用の手書きPOP。
星新一を敬愛する者としてこれは許せない。

まず上の写真(右側)。

「ひとにぎりの幸せをつかむには、ひとにぎりの勇気」

こら! これ書いたやつ、絶対星新一を読んだことないだろ!
星新一の世界観と正反対じゃねえか。
「勇気や努力が皮肉にも不幸を招く」っていうのが星新一のショートショートのおもしろさじゃねえか(それだけじゃないけど)。
おもしろさを解説するのは野暮だから嫌なんだけどね。

それから下の写真。ちょっとボケちゃったけど、

「人の夢は終わらねぇ。終わらせねぇ」

 『ONE PIECE』か!!
(いや、『ONE PIECE』も好きだけどさ)

この本、夢のない話ばかりなのに。



映画も観にいきました。先週から公開されている『手紙』。
出ている役者さんも監督も知らんけど、東野圭吾原作なので、おもしろいだろうと踏んで観ました。

以下感想。
ネタバレを含むので、これから『手紙』を観る予定の人は読まないほうがいいんじゃないかな。
あと僕の映画レビューに興味のない人も読まないほうがいいよ。
言われなくても読まないね。



-------------------------------------------------------------


映画のあらすじとかはいちいち説明しません。
僕は細かいところがいっぱい気になりました。


終盤、それまでわりとおしゃれだったヒロイン(沢尻エリカって人だと思う)が、おばさんパーマ+ピンクのヘアバンド+黄色いカーディガンで登場。
なんだそれ。
年齢を重ねたことを表現したかったのかもしれんが、古い。
70年代のホームドラマか。20代(たぶん)の役者さんにはキツイ。



そのヒロイン、大阪弁をしゃべるのだが、あまりにもひどい。
久々にあんなへたくそな大阪弁を耳にした。
僕が関西人だから違和感を覚える、ぐらいのレベルじゃない。関西人以外が聞いてもおかしいと思うはず。
イントネーションを指導できる人間が一人もいなかったんだろうな。
聞いていて鳥肌が立った。
方言をあまり使わない方にもわかるように説明するなら、「ワタシ、ニホンゴ、ワカリマセーン」の調子で日本語をしゃべられるようなもの。
ヒロインだから重要な台詞をいっぱいしゃべる。泣かせる台詞もある。それがことごとくその調子。
興ざめです。

まあそれだけなら僕も大人ですから目をつぶってやらんこともなかったんですが、ストーリー上、ヒロインが大阪弁でしゃべる必要はまったくないんですよね。
仮にヒロインが東京出身だったとしても、なんら矛盾は生じないのです。
原作者の東野圭吾は大阪出身だから原作では自然な大阪弁が使われていたんでしょうが、沢尻さん(たぶん)がしゃべれないのだったら、映画では無理にしゃべらせなくてもよかったのに。



主人公(山田なんとかさん)のお兄さんは、強盗殺人を犯して服役中です。
主人公はかつて漫才師でした。元相方がやってきて、主人公に言います。
「おまえの兄貴のいる刑務所に慰問に行って、兄貴の前で漫才を見せよう」
そして主人公は、服役中のお兄さんの前で漫才を披露することになります。
はたして肉親が服役している刑務所に慰問に行くことができるのかって疑問は置いときます。

漫才中、主人公の相方が、うっかり口をすべらしてしまいます。
「そんなこと言ったら、おまえの兄貴なんて……」
ここで(あっ、しまった!)という顔をする相方。

いやいやいやいやいやいや!
どんな口のすべらし方だ!
「おまえの兄貴なんて人殺しじゃねえか」なんて言って笑いがとれるわけないよ!
ましてそこは刑務所の中。みんな泣くか怒るよ。



まあなんだかんだ言いましたが、この映画、泣ける(であろう)ところがいくつもあります。
僕は細かいことが気になっていたので感動できませんでしたが、映画館の客席のあちこちからすすり泣きが聞こえてきました。
そしてラスト。
主人公の言葉で、服役中の兄貴は震えて泣いています。この映画一番の、泣きどころです!
さあここでかかる音楽が……。


小田和正『言葉にできない』


それは反則!!!

「あなたに会えて本当によかった 嬉しくて嬉しくて言葉にできない」ってやつです。
他の映画やCMにも使われているのでおなじみの曲ですね。

こんな曲かけられたら、泣くって!
映像なんてなくてもいいです。真っ暗な映画館で大音量で『言葉にできない』を聞かされてみなさい、かなりの人が泣いちゃうと思いますよ。
こんな飛び道具で泣かそうなんてずるいっすよ!

おかげで、その後に流れたテーマソングがひどくしょぼく聞こえました。




まあいろいろ言いましたが、全体的にはわりといい映画だと思います。
泣いてる人もいっぱいいました。
細かいところが気にならなければ、見て損はないと思います。

僕もたくさん笑わせてもらえたので、損した気にはなりませんでした。
とりあえずヒロインの大阪弁だけでも聞く価値あり。
[PR]



by uso8000000 | 2006-11-13 01:21 | 日記

移転しました。新しいブログはこちら http://dogdogfactory.blogspot.jp/
by uso8000000
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログリンク

USO-800大喜利
トップページです。

大喜利カレンダー
べとんさん運営の、大喜利やる人には欠かせないカレンダー

まるで銃弾浴びてるかのよう
短歌

三人一句
昔やってた遊び



ジャックハマー
ミニゴバさんの文士ブログ
眼球の裏窓
眼球支点さんの対話式ブログ
大友・ごむの「なりきりアンドロイド」
大友ヒップホップさんの激辛ブログ
まち子よ
フードさんのドギツイブログ
ひぐまの左手
ニッポニアさん・なゆらさんのひょっとこキャンバス
菜果牛乳3
To菜果さんの爆弾ブログ
なんとなく
あいつさんのハレンチブログ
あんにゅい三昧
あんにゅい竹さんの皆勤ブログ
土砂降りの脂の中で僕ら
えこなさんの痛快ブログ
忍者ムラサキのおしゃべりデート
忍者ムラサキさんのおしゃべりブログ
暴投戦士(笑)
暴投戦士(株)さんのしっかり者ブログ
さんえいち(戒)
雨乞い番長さんの番長ブログ
リッスン・トゥー・ハー
なゆらさんの名文ブログ
いわし13号
いわしさんの大衆魚日記
今夜は金玉について語ろうか
たかさんの変態ブログ
☆一瞬の輝き
kanon560さんの追想ブログ
サムライチョップはパンチ力
サムライチョップさんのアニメ化ブログ
塩で揉む
しりこだまさんの汚れブログ
はた織り鶴の一撃
ガス電池さんのハイセンスブログ
ヒメジャノメートル
ラマオさんの滅裂ブログ
Kera-ma-go
んじょもさんの暗黒青春ブログ
本多おさむの「入りやすい穴、探してます」
穴さんの入りやすいブログ
all or Nothing radio Show
22世紀からきましたさんの22世紀からきましたブログ
七分袖モダンガール
カシスさんのアナクロニズムブログ
孤立無援の刺草
SANATOさんの寸鉄人を刺すブログ
小指をつないで
お米さんのよく噛んで読めブログ




【管理人プロフィール】
スーパー真心 20代 兵庫県在住

検索

最新の記事

移転のお知らせ
at 2015-06-04 00:18
海を渡れ
at 2013-03-29 21:37
海洋堂フィギュアミュージアム
at 2013-02-24 23:49
仮説
at 2012-11-15 21:37
つげぐち
at 2012-10-20 21:58

ファン

ブログジャンル

画像一覧