大人は楽しい

読書感想文 2011春 フィクション編

e0025267_2031186.jpg
森見 登美彦 『夜は短し 歩けよ乙女』 (角川書店)

 純真で好奇心な乙女と、それを追って七転八倒する先輩の物語。
 登場人物が魅力的だし、他の森見作品に出てくる人が多いので、既に何作か読んでいる人なら楽しめるはず。
 ただちょっとこじんまりとまとまった印象。どうしても『四畳半神話大系』の豪快な伏線と比べてしまう。
 時間つぶしにはもってこい。


e0025267_2042333.jpg
東野 圭吾 『どちらかが彼女を殺した』 (講談社)

 加賀恭一郎シリーズ。作中で真犯人を明らかにせず、読者に謎解きをさせるというミステリ。
 その趣向は成功しているとは言いがたいが(ぼくの感想は「正直どっちが犯人でもいい」)、トリックもおもしろいものではない。だが、ミステリではなく小説として見ればすばらしい作品と言える。
 被害者の兄が、真犯人を警察からかばいながら、復讐のために独自の捜査で犯人を追う。オーソドックスなフーダニットのミステリと、刑事コロンボのような倒錯ミステリの両方の楽しさを味わえる。
 この込み入った設定を、簡潔にかつ論理的に書けるのがすごい。


e0025267_204496.jpg
東野 圭吾 『私が彼女を殺した』 (講談社)

 上の作品に続く、読者参加ミステリ。今度は容疑者が3人。
 やはりトリックはいまひとつ。謎解きもわかりにくい。
 加賀刑事の魅力も伝わってこない。
 だが、犯人当ての要素のおかげで十分読むに耐える作品にはなっている。



e0025267_2053489.jpg
東村 アキコ 『主に泣いてます 1』 (講談社)

 美人すぎて不幸な女性の話。
 水木しげるキャラの物まねなど、細かいくすぐりは楽しい。
 全体的な話の流れは、わりと予想できてしまう。バリエーションの多くないギャグなので、連載を長期化させないほうがいいと思う。



e0025267_208351.jpg
米澤 穂信 『インシテミル』 (文藝春秋)

 12人が1つの建物に閉じ込められ、殺人をすれば高額な賞金を手に入れることができるという話。
 閉じられた空間での連続殺人、殺人ゲームなどさんざん使い古された手だが、それにしてはけっこうよくできていた。細かいルールの設定が後半に効いている。
 ただ、登場人物の行動があまり賢明とは言えず、やきもきする。感情的になる人間や、冷笑的な人物など、キャラクターもステレオタイプ。「それは反則だろ」というような殺し方も出てきたり。
 ミステリとしては穴だらけだが、エンタテインメントとしてはおもしろくてドキドキしてページを繰る手が止まらなかった。はっとするような解決やクライマックスの盛り上がりがあればなお良かった。


e0025267_2094924.jpg
天久 聖一(編) 『こどもの発想。』 (アスペクト)

 10年ほど前にコロコロコミックで連載されていた、小学生による大喜利。
 いやあ、おもしろい。ネット大喜利よりも破壊力があるんじゃなかろうか。
 狙ってないばかっぷり、奇天烈すぎる発想、大部分を占めるうんこちんこネタ。笑えると同時に、かつて小学生だった者としては郷愁の想いにも駆られる。


e0025267_20131518.jpg
『コミックいわて』 (メディア・パル)

 岩手県知事が編集長を務め、岩手県庁から発行され、岩手県出身の漫画家たちが岩手県を舞台に描いた作品を集めた短編集。看板に偽りなしの岩手づくし。
 ぼくは岩手とは何のゆかりもない(岩手出身者の知り合いもいない)が、こういう試みはおもしろい。
 地下沢中也や吉田戦車、とりのなんこなどクセのある漫画家をそろえたわりにはマンガの内容はいまひとつ。きちんと質をチェックできる編集者がいないから仕方ないか。
 それでもこういう試みはもっと広がればいいと思う。
(発行は1月だが、震災後この本の売り上げが被災地に寄付されることになったらしい)


e0025267_20141855.jpg
遠藤 周作 『海と毒薬』 (新潮社)

 戦争末期に九州の大学病院で、米軍捕虜を用いて生体解剖実験が行われた。その事件を下敷きにした小説。
 ショッキングな事件だが、小説はいたって穏やかな調子。登場人物はみな「どうせ戦争で死ぬのだから」と投げやりである。物語全体を包む退廃的、虚無的な雰囲気はちょっと現代の世相に似ているようにも感じられる。
 『沈黙』のようなカトリック的アプローチがあるのかと思ったが、そういう点は見られなかった。


e0025267_20145055.jpg
石川 雅之 『もやしもん 10』 (講談社)

 ○○国編(ネタバレになるので一応伏せておく)。
 相変わらず菌や食文化の説明のくだりはおもしろいのだが、ストーリーはよく見えない。登場人物たちが何を目的に何をしているのかがわからないことがよくある。というより目的があるのか?
 この人はストーリー漫画よりも新書とかを書いたほうがおもしろいのかもしれない。
[PR]



by uso8000000 | 2011-04-07 19:55 | 本の周辺

移転しました。新しいブログはこちら http://dogdogfactory.blogspot.jp/
by uso8000000
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログリンク

USO-800大喜利
トップページです。

大喜利カレンダー
べとんさん運営の、大喜利やる人には欠かせないカレンダー

まるで銃弾浴びてるかのよう
短歌

三人一句
昔やってた遊び



ジャックハマー
ミニゴバさんの文士ブログ
眼球の裏窓
眼球支点さんの対話式ブログ
大友・ごむの「なりきりアンドロイド」
大友ヒップホップさんの激辛ブログ
まち子よ
フードさんのドギツイブログ
ひぐまの左手
ニッポニアさん・なゆらさんのひょっとこキャンバス
菜果牛乳3
To菜果さんの爆弾ブログ
なんとなく
あいつさんのハレンチブログ
あんにゅい三昧
あんにゅい竹さんの皆勤ブログ
土砂降りの脂の中で僕ら
えこなさんの痛快ブログ
忍者ムラサキのおしゃべりデート
忍者ムラサキさんのおしゃべりブログ
暴投戦士(笑)
暴投戦士(株)さんのしっかり者ブログ
さんえいち(戒)
雨乞い番長さんの番長ブログ
リッスン・トゥー・ハー
なゆらさんの名文ブログ
いわし13号
いわしさんの大衆魚日記
今夜は金玉について語ろうか
たかさんの変態ブログ
☆一瞬の輝き
kanon560さんの追想ブログ
サムライチョップはパンチ力
サムライチョップさんのアニメ化ブログ
塩で揉む
しりこだまさんの汚れブログ
はた織り鶴の一撃
ガス電池さんのハイセンスブログ
ヒメジャノメートル
ラマオさんの滅裂ブログ
Kera-ma-go
んじょもさんの暗黒青春ブログ
本多おさむの「入りやすい穴、探してます」
穴さんの入りやすいブログ
all or Nothing radio Show
22世紀からきましたさんの22世紀からきましたブログ
七分袖モダンガール
カシスさんのアナクロニズムブログ
孤立無援の刺草
SANATOさんの寸鉄人を刺すブログ
小指をつないで
お米さんのよく噛んで読めブログ




【管理人プロフィール】
スーパー真心 20代 兵庫県在住

検索

最新の記事

移転のお知らせ
at 2015-06-04 00:18
海を渡れ
at 2013-03-29 21:37
海洋堂フィギュアミュージアム
at 2013-02-24 23:49
仮説
at 2012-11-15 21:37
つげぐち
at 2012-10-20 21:58

ファン

ブログジャンル

画像一覧