大人は楽しい

ステレオタイプ

 今日は相撲観戦だからあたしはとっておきの雪駄をおろした。
 着物を着ていこうかと思ったけど、それだとあまりにも気合いをこめすぎているような気恥ずかしさを感じてやめた。それにあたしの部屋のクローゼットに着物は置いていない。

 大相撲の地方巡業である心斎橋のクラブクアトロは、人でごったがえしていた。
 人、人、人。
 人人人人犬人。

 そしてそのほとんどが老人と外人だ。あとはシェパードが混じっているぐらい。あたしみたいな23歳獅子座外反母趾女性の姿は他に見当たらない。

 やっぱり大相撲って老人と外人向けのものなのね。
 こんなにたくさんのじじばばが心斎橋クラブクアトロに集まったのは、今世紀はじめてのことじゃないだろうか。

 山のように集まったじいさんが杖をつき、滝のように流れてくるばあさんがショッピングカートみたいなのを押して歩いてくる。
「わしはこの日を本当に楽しみにしていたんじゃよ」
「そうですねえおじいさん」
 とてもいま現在レバノンで紛争が起きているとは思えないほど平和な会話をくりひろげている。

 外人たちはポップコーンとペプシコーラを表面張力が生じるぐらい口いっぱいに頬張りながら
「オー!スモウレスラー」
「フジヤマ、テンプラ」
 まるであほうみたいに(これはあほうではないという意味である)叫んでいる。


 そこへ力士たちが3×25の長い隊列をつくってやってきた。
 どすどすどすどす。みんな浴衣を着て下駄を履いて、床板を踏み外しながら歩いてきた。
 クラブクアトロの床板が抜けたのは今年の11月になってからはじめてのことじゃないだろうか。

「うっす。自分は相撲とりっす」
「ごっつぁんです。いやもうほんと、ごっつぁんです」
 浴衣の背中には、戦国武将よろしく己のしこ名が書かれた幟を掲げている。
 紺、群青、水色、藍色、空色、スカイブルー、マリンブルー……。色とりどりの幟に、『中村の山』『山田の海』『松井の松』といったしこ名がでかでかと青字で書かれている。背景に溶け込んで見づらいったらありゃしない。


「オー! スモウレスラー!」
「ワンダフル!」
 外人たちがフラッシュをバチバチ焚いて望遠レンズで写真を撮る。
「山田の海じゃあ」
「夢にまで見た松井の松じゃわい。わしはもういつでも冥土へ旅立っても悔いはないわい」
 じじばばが一生懸命腕を伸ばして、力士たちの腹肉をつまもうとする。

「こらこら、おまえら誰にことわって写真撮ってくれとんじゃいワレェ!」
「オラオラ、けじめつけんかい! あこぎな真似しとったらいてまうたるけん!」
 そこに現れたのが黒スーツにサングラスの一団。
 どうやら興行を仕切っているヤクザの連中のようだ。


 おかしい。
 薄々思っていたが、ここにきてあたしの頭に浮かんでいた違和感ははっきりと疑惑に変わった。

 ステレオタイプすぎる。
 老人は老人っぽすぎるし、外人はあまりにも外人外人している。関取は360度どこから見ても関取だし、ヤクザは100人が見れば100人ともが「これはヤクザだ」と断定するビジュアルをしている。

 どう考えたっておかしい。今どき小学生がじゆうちょうに描くマンガのキャラクターだって、こんなにベタではない。
「〜じゃよ」なんてしゃべり方をする老人は現実にはいないし、
「フジヤマ、テンプラ」と大騒ぎする外人も見たことがない。
 関取の「ごっつぁんです」も聞いたことがないし、
 汚い大阪弁と広島弁をミックスさせてしゃべるヤクザが出てくるのは古いマンガの中だけだ。
 だいたいクラブクアトロで相撲巡業をするはずがないし、だいいち明日から九州場所がはじまるのに力士たちがやってくるはずがないじゃない。


「この世界おかしいわ!」
 あたしは叫んだ。
「これは夢よ。夢オチよ! 創作物の世界ではやってはいけないとされている夢オチ! ああ間違いない!」

 あたしの声を引き金にして、クラブクアトロの壁が四方にゆっくりと倒れはじめた。ドリフのコントの大オチでセットが倒れるときのアレだ。
 夢の世界が急速に終わろうとしていた。

「うひゃあ」
「破滅じゃあ」
「はぁ、はぁ、世界が消えるっす。ごっつぁんです」
「オーマイガー!」
「おどりゃあいてまうぞお」

 老若男女太細洋邦善悪が己の存在を賭けて声のかぎりに叫ぶ。

「こいつは困ったでござる」
 じいさんが侍言葉になった。

「ミートゥー、グランドファーザー」
 ばあさんが流暢な英語を話しだした。

「弱ったことになったアルネ」
 外人が中国人なまりになった。

「おいどんも困ったでごわす」
 関取は薩摩弁に変わった。

「でーれーわやじゃい」
 ヤクザは大阪と広島の間の岡山弁で叫んだ。
 世界のルールが壊れてはじめているのだ。

 山田の海が得意のすり足で壁の裏側に回り込み、派手なつっぱりをかました。
 倒れかけていた壁が、前頭十二枚目のつっぱりにはねかえされてよろよろとバランスを保つ。
 だが倒れずにとどまったのは北側の壁だけで、他の三方の壁はどしんどしんとほこりを舞いあげながら地面に倒れた。
 壁の向こう側には、客引き酔っ払いギャルバカ蠢く心斎橋の往来ではなく、まばゆい光が空間を覆いつくしていた。
 朝が来たのだ。 
 いくら山田の海がつっぱったところで、しょせんは万年前頭。力及ばず北の壁もゆっくりと傾きを増してゆく。

 すべてが消える。
 じいさんもばあさんも外人も関取もヤクザもシェパードも心斎橋のクラブクアトロも、みんな嘘だったのだ。

 そう、あたしの部屋にクローゼットはない。
[PR]



by uso8000000 | 2010-11-10 21:06 | ネタ

移転しました。新しいブログはこちら http://dogdogfactory.blogspot.jp/
by uso8000000
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログリンク

USO-800大喜利
トップページです。

大喜利カレンダー
べとんさん運営の、大喜利やる人には欠かせないカレンダー

まるで銃弾浴びてるかのよう
短歌

三人一句
昔やってた遊び



ジャックハマー
ミニゴバさんの文士ブログ
眼球の裏窓
眼球支点さんの対話式ブログ
大友・ごむの「なりきりアンドロイド」
大友ヒップホップさんの激辛ブログ
まち子よ
フードさんのドギツイブログ
ひぐまの左手
ニッポニアさん・なゆらさんのひょっとこキャンバス
菜果牛乳3
To菜果さんの爆弾ブログ
なんとなく
あいつさんのハレンチブログ
あんにゅい三昧
あんにゅい竹さんの皆勤ブログ
土砂降りの脂の中で僕ら
えこなさんの痛快ブログ
忍者ムラサキのおしゃべりデート
忍者ムラサキさんのおしゃべりブログ
暴投戦士(笑)
暴投戦士(株)さんのしっかり者ブログ
さんえいち(戒)
雨乞い番長さんの番長ブログ
リッスン・トゥー・ハー
なゆらさんの名文ブログ
いわし13号
いわしさんの大衆魚日記
今夜は金玉について語ろうか
たかさんの変態ブログ
☆一瞬の輝き
kanon560さんの追想ブログ
サムライチョップはパンチ力
サムライチョップさんのアニメ化ブログ
塩で揉む
しりこだまさんの汚れブログ
はた織り鶴の一撃
ガス電池さんのハイセンスブログ
ヒメジャノメートル
ラマオさんの滅裂ブログ
Kera-ma-go
んじょもさんの暗黒青春ブログ
本多おさむの「入りやすい穴、探してます」
穴さんの入りやすいブログ
all or Nothing radio Show
22世紀からきましたさんの22世紀からきましたブログ
七分袖モダンガール
カシスさんのアナクロニズムブログ
孤立無援の刺草
SANATOさんの寸鉄人を刺すブログ
小指をつないで
お米さんのよく噛んで読めブログ




【管理人プロフィール】
スーパー真心 20代 兵庫県在住

検索

最新の記事

移転のお知らせ
at 2015-06-04 00:18
海を渡れ
at 2013-03-29 21:37
海洋堂フィギュアミュージアム
at 2013-02-24 23:49
仮説
at 2012-11-15 21:37
つげぐち
at 2012-10-20 21:58

ファン

ブログジャンル

画像一覧