大人は楽しい

おれはおこってるんだぜ

 こんなに腹が立ったのは久しぶりだぜ。

 何にって?

 そりゃあもちろん

ポプラ社よ!!



水嶋ヒロさんにポプラ社小説大賞 賞金は2千万円
e0025267_2123756.jpg

 9月に所属していた芸能事務所を退社した水嶋ヒロさん(26)が、小説家としての一歩を踏み出す。10月31日に決まった第5回ポプラ社小説大賞の大賞作「KAGEROU」の作者の齋藤智裕さんが、水嶋さんであることが朝日新聞社の取材でわかった。賞金は2千万円。1日午後に受賞作発表会見があり、水嶋さんも出席する予定。

(11月1日付  朝日新聞)


何が「水嶋さんであることがわかった」だ!!!

105%出来レースじゃねーか!!(5%は消費税)


 書店員として、何より本を愛する者として許せない。

 いやいやいや。読んでませんよ。
 水嶋ヒロがどんな小説書くか知らないから、読んでみたらめちゃめちゃいい小説かもしれませんよ。

 だとしても。だとしても。
 絶対に出来レース。

 だって、もし純粋に作品の力だけで選んだのだとしたら
「“齋藤智裕”の正体は水嶋ヒロでしたー!」って言う必要ないじゃん。
 明らかに宣伝効果狙ってんじゃん。
 本の内容で勝負したいんだったら、水嶋ヒロだと明かさずに出版すればいいじゃん。


 いや、有名人の名前使って売るのが悪いって言ってるんじゃないのよ。
 そんな本、腐るほどあるし。実際ほとんどは腐ってるし。

 でも、だったら「水嶋ヒロ文学賞」を作って作家デビューさせればいいじゃん。
 既存の文学賞を獲らせちゃあいかん。
 水嶋ヒロのかませ犬にされて、獲れる見込みのない文学賞に渾身の作品を投じた他の応募者に対して失礼すぎる。



 ポプラ社によると、斎藤さんは賞金2000万円を辞退した。同社は「多くの新しい作品が生まれるよう活用してほしいという本人の強い意思だったので受諾した」という。
(11月1日 朝日新聞)

 へー。辞退したんだ。
 えらいね。見上げたもんだ。

 でも、自分の実力で獲った賞なら、賞金を辞退する必要ないじゃん。
 自分の才能に見合った対価なんだから。
 賞金のために応募したんだろうし(ポプラ社小説大賞の魅力が賞金にしかないことはちょっと調べればすぐにわかる)(※1)
それとも何かやましいところでもあるのかな?



 ここで立場をはっきりさせておきますけど、水嶋ヒロは嫌いじゃないですよ(※2)
 むしろ今回の一件で、好感が持てました。
「実力に見合わない賞金をもらうことを恥ずかしい」と思う、正直なところに。


 許せないのはポプラ社よ!


 いい出版社でした。
e0025267_21213031.jpg
ズッコケ三人組シリーズ
e0025267_21212026.jpg
おばけのアッチ・コッチ・ソッチ シリーズ

など、たくさんの本を読んで育ちました。
今でも『かいけつゾロリシリーズ』『ねずみくん』『おまえうまそうだな』など、良質の児童書を発行しております(※3)


方向がおかしくなってきたのは数年前。
ポプラ社文庫を創刊するなど、一般書に力を入れはじめます。
そしてポプラ社小説大賞を設立。
大賞賞金2,000万円が売り物の、下品な賞でした。
第1回受賞作『削除ボーイズ0326』。この本を知っている人はかなりの通。なぜならぜんぜん売れなかったから。(※4)
作者はその後もほとんど本を出してないようだし、おそらくポプラ社は賞金2,000万円の10分の1も回収できなかったのではないでしょうか。

だからでしょう、第2回〜第4回は大賞受賞者なし。
だったら賞を廃止すればいいのに、意地になっているのかポプラ社は賞をなくそうとはしません。
「そろそろ大賞を出さないといかんだろ……」と誰もが思っていた中で、今回の水嶋ヒロ受賞。
そして大賞受賞者が出たことを機にポプラ社小説大賞はなくなるそうです。

はい、
・元人気俳優が書いた本なのでまちがいなく売れる
・賞金を辞退させることでお金は払わなくて済む
・引っ込みがつかなくなっていた金だけかかって元のとれない賞を、すっきり辞めることができる

いいことずくめですね。
水嶋ヒロ以外の応募者だけが涙を呑めばいい話ですもんね。




 わたくし、ポプラ社が書店員向けに開いた事業説明会に出席したことがあります。

 社長が来て、話をしていました。

「小学校で電子書籍が導入されることが決まったそうです。
 たしかに便利にはなるでしょうが、小さいうちから紙の本に触れることから得られるものも大きいと思います。
 出版業は、経済活動であると同時に文化活動でもあります。
 本当に正しいもの、本当に良いものを子どもたちに手渡してあげることが我々の使命なのです!」

 と大上段にかまえた演説をぶちかましていました。


 社長、これが本当に正しいもの、本当に良いものなのでしょうか!?



(※1)ポプラ社小説大賞の魅力が賞金にしかない。
→高額な賞金の理由は、作品の出版権、二次利用権がポプラ社に渡るから。 
 作家にとって我が子とも言える作品の権利を売るというのは、親権を渡すに等しい行為ではなかろうか。

(※2)水嶋ヒロは嫌いじゃない。
→というよりほとんど知らない。電車で向かいに座っていてもぜったいに気付かない。

(※3)『おまえうまそうだな』
→そのタイトルに似合わず、泣けると評判の絵本シリーズ。
 この秋、加藤清志郎(子ども店長)が声優を務めてアニメ映画化された。

(※4)『削除ボーイズ0326』はぜんぜん売れなかった
→正確には、刊行時にはそこそこ売れた(といっても、まったく無名の新人にしてはというレベル)。
 ただしAmazonで見てもらえればわかるとおり、評価は決して高くない。
 そのせいであろう、文庫化されたときはまったく売れなかった。ポプラ社も諦めていたらしく、ちっとも宣伝していなかった。
[PR]



by uso8000000 | 2010-11-01 21:19 | 本の周辺

移転しました。新しいブログはこちら http://dogdogfactory.blogspot.jp/
by uso8000000
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログリンク

USO-800大喜利
トップページです。

大喜利カレンダー
べとんさん運営の、大喜利やる人には欠かせないカレンダー

まるで銃弾浴びてるかのよう
短歌

三人一句
昔やってた遊び



ジャックハマー
ミニゴバさんの文士ブログ
眼球の裏窓
眼球支点さんの対話式ブログ
大友・ごむの「なりきりアンドロイド」
大友ヒップホップさんの激辛ブログ
まち子よ
フードさんのドギツイブログ
ひぐまの左手
ニッポニアさん・なゆらさんのひょっとこキャンバス
菜果牛乳3
To菜果さんの爆弾ブログ
なんとなく
あいつさんのハレンチブログ
あんにゅい三昧
あんにゅい竹さんの皆勤ブログ
土砂降りの脂の中で僕ら
えこなさんの痛快ブログ
忍者ムラサキのおしゃべりデート
忍者ムラサキさんのおしゃべりブログ
暴投戦士(笑)
暴投戦士(株)さんのしっかり者ブログ
さんえいち(戒)
雨乞い番長さんの番長ブログ
リッスン・トゥー・ハー
なゆらさんの名文ブログ
いわし13号
いわしさんの大衆魚日記
今夜は金玉について語ろうか
たかさんの変態ブログ
☆一瞬の輝き
kanon560さんの追想ブログ
サムライチョップはパンチ力
サムライチョップさんのアニメ化ブログ
塩で揉む
しりこだまさんの汚れブログ
はた織り鶴の一撃
ガス電池さんのハイセンスブログ
ヒメジャノメートル
ラマオさんの滅裂ブログ
Kera-ma-go
んじょもさんの暗黒青春ブログ
本多おさむの「入りやすい穴、探してます」
穴さんの入りやすいブログ
all or Nothing radio Show
22世紀からきましたさんの22世紀からきましたブログ
七分袖モダンガール
カシスさんのアナクロニズムブログ
孤立無援の刺草
SANATOさんの寸鉄人を刺すブログ
小指をつないで
お米さんのよく噛んで読めブログ




【管理人プロフィール】
スーパー真心 20代 兵庫県在住

検索

最新の記事

移転のお知らせ
at 2015-06-04 00:18
海を渡れ
at 2013-03-29 21:37
海洋堂フィギュアミュージアム
at 2013-02-24 23:49
仮説
at 2012-11-15 21:37
つげぐち
at 2012-10-20 21:58

ファン

ブログジャンル

画像一覧